人気ブログランキング |

あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

タグ:戦後 ( 2 ) タグの人気記事

お米屋さん

私の子供の頃の物が入った箱を久し振りに開けてみたのです。
その中で小学校2年生の時(昭和24年)に学習したらしい社会科ノートに目が止まりました。
<皆のやくにたつところ>とあって <びょういん、しょうぼうしょ、としょかん、ほうそうきょくetc>などの絵が画いてあり、<役に立つ内容>を子供らしく説明したものでした。
その中で「おやっ」と、思ったものがありました。<お米の配給所>です。
説明文は「わたくしたちのだいじなお米やおこななどをはいきゅうしてくれます」と書いてありました。
そういえば、米穀通帳というのがありました。限られた量のお米しか買う事ができなかったわけです。
終戦直後私は子供でしたが、子供なりの食糧難の思い出は沢山あります。
そのせいなのでしょうか。町を歩いている時、お米屋さんの前では無意識のうちにシャッターを切っていることが多かったようです(苦笑)
この頃、そのお米屋さんも少なくなりました。
スーパーなどの大型店で購入する人が多くなったわけですね。
お米屋さんが姿を消して行くのは何とも心細い思いがいたします。
1 谷中 1993年
e0323465_11144521.jpg

2 板橋宿2010年
e0323465_11154262.jpg

3 青砥2013年
e0323465_1118876.jpg

4 鐘ヶ淵2014年
e0323465_11192889.jpg

5 根岸1992年
e0323465_11204575.jpg

by michinobe8 | 2014-08-16 11:23 | 平成・デジタルカメラ | Comments(4)

戦後を知らない世代

これは1951年(昭和26年)高幡不動で父が撮った写真です。
写真の中ほどで白い装束でお辞儀をしている人は見たことが無いという人は昨今多くなったことでしょう。
傷痍軍人ですね。私が子供のころは人が多い所、電車の中でよく見かけました。
<戦争を知らない子供たち>という唄がありましたが、もはや<戦後を知らない世代>だと言った人がいます。
そうかもしれませんね。
今年成人式をあげた孫は、平成6年誕生なのですから。
<戦争を知らない><戦後を知らない>ということが、どんなに素晴らしいことなのか
せめて私たちの世代は話続けなくてはいけないのでしょうね。
1945年3月10日は東京大空襲の日でした。
e0323465_2235729.jpg

by michinobe8 | 2014-03-09 22:04 | 父の撮った写真 | Comments(3)