あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2018年( 39 )

原宿という街

e0323465_15023499.jpg
JR原宿駅のホームから<竹下通り>が見えます。
いつもは通りすがりの風景として見ていたように思いますが、今日は言ってみることにしました。
3連休の日曜日だからでしょうか、大変な混みようで思わず尻込みしそうになりました。
外国人観光客が非常に多いようです。西洋人、アジア人、アフリカ系の人・・様々な人々達
「この町の感想は??どこの町が面白かったですか??」等と聞いてみたい気持になります。
e0323465_15051622.jpg
竹下通りのお店は、骸骨の絵など、何やら怖いイメージのものが多いように思いました。
昔からこのよな雰囲気だったのかしら??それとも、最近の自然災害の多い日々故に・・??
e0323465_15061468.jpg
渋谷に近い横丁の商店街にコンビニがありました。
ここも、外国人は多く、少しおしゃれなコンビニですね。
確かここは以前、酒屋さんだったと記憶します。

[PR]
by michinobe8 | 2018-09-17 15:07 | 2018年 | Comments(0)

ライブハウス<カモメ>で トリオ・リベルタ ラストコンサート

e0323465_12032528.jpg
横浜・関内の ライブハウス<カモメ>というライブハウスが閉じるということのようで、<トリオ・リベルタ>のラストコンサートを聴きに行きました。
e0323465_12043645.jpg
ガーシュインの<サマーターム>から始まり、
勿論リベルタンゴ<アストル・ビアソラ作曲のもの>、
そしてアンコールには<この道>山田耕筰 作曲・北原白秋 作詞まで・・
素晴らしいラストコンサートでした。
e0323465_12052178.jpg
私は帰途、関内の街を歩きながら耳の中では演奏がしばらく消えませんでした
e0323465_12060521.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2018-09-09 12:07 | 2018年 | Comments(0)

保育園のお散歩風景

e0323465_09474874.jpg
秩父

何年くらい前からでしょうか、このように保育園児のお散歩風景と出会うことが多くなりました。
子どもたちも先生たちも一生懸命な様子でほほえましい姿です。
ここの所の猛暑では少し控えめですけれどね。
e0323465_17182673.jpg
      台東区
e0323465_17190392.jpg
この子どもたちがすくすくと育って欲しいと願いながら私は通り過ぎます。

[PR]
by michinobe8 | 2018-09-01 17:22 | 2018年 | Comments(0)

縄跳び・わらべうた(1950年ころの思い出〉東京

e0323465_21581307.jpg
子どもたちが縄跳びをして遊んでいます。何か唄っているでしょうか?・・

私が小学生だったころ、こんな風な唄で縄跳びをしたことを思い出します。

   ほらほら 青山のえど豆は 青臭い 
   お姫様、どんすけどん 
   1はっさん 2はっさん 3はっさん 1ぬけろ。 


[PR]
by michinobe8 | 2018-08-26 21:59 | 2018年 | Comments(0)

東京の東を歩いて・・

e0323465_12303062.jpg
<「男はつらいよ」を旅する>という川本三郎の本を読みました。
e0323465_12312867.jpg
「男はつらいよ」の舞台は柴又ですが、川本三郎さん曰く、
東京の場合、映画の舞台である柴又を中心に、東京の東が描かれていると語ります。

マドンナ(川本さんはヒロインといわれます〉が住んでいる場所が意表を突く場所と書かれているところを読んだとき私は「そうそう!」と思いました。
川本さんは、東京の川の中でも荒川放水路が出来た時に二つに分けられてしまった「不幸な中川」と話します。
その中川のほとりに、かのマドンナ(岸恵子、伊藤蘭、志穂美悦子 〉達が住んでいたりするわけなのです。
舞台は決して、青山や銀座ではないのです。
e0323465_12322087.jpg
さくらさんが住んでいたところも川の近く


「東京の東」をカメラをぶら下げながら歩く事が多い私ですが、
これは私がその場所を撮りたいからという訳ではなくて
一緒に撮影していた私の連れ合いが、東京の東方面で撮影することを好んでいたものですからね。
ですから、私は無責任というか、客観的に眺めていた町の数々でした。
e0323465_12332875.jpg
お陰様で、東京の東の地の事を今までとは少し違って、あれこれと思い起したりするようになりました。
e0323465_12341386.jpg
e0323465_12343039.jpg
          東向島にて

[PR]
by michinobe8 | 2018-08-18 12:39 | 2018年 | Comments(0)

ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ アディオス

e0323465_12001818.jpg

東京ミッドタウン日比谷にある<日比谷シャンテ>に映画を観に行きました。
映画は<ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ アディオス>です。
この映画はアメリカのギタリスト、ライ・クーダーとキューバの老ミュージシャン等で
結成されたバンドのドキュメンタリータッチの映画が1999年に制作されています。
監督はクーダーの友人ヴェムヴェンダリー監督です。

今回はこの老ミュージシャン達、アディオスの映画なのです。
e0323465_12014170.jpg
映画を観終わって外に出ると、辺りは知らない町<東京ミッドタウン、日比谷>でした。
e0323465_12025352.jpg
駅の方へ向かうと、ガード下の焼き鳥屋の灯が見えました。
まだ時間は早いのですが、懐かしい風景でした。 
私もアディオスの年齢に近付いたという事でしょうか。


[PR]
by michinobe8 | 2018-08-12 12:03 | 2018年 | Comments(0)

銀座4丁目・2018年夏の酷暑

e0323465_06374479.jpg
今年の夏は西日本では災害があり、そして全国的に酷暑です。
銀座四丁目の角だけがおしゃれで涼しいという訳には行かないのです。
写真画像では、パラソルが楽し気ですが、長い間立ってはいられない程の暑さなのです。
それで、デパートの中に逃げ込むと、何とも涼しい。観光客もほっとしているようです。

テレビでは、熱中症で倒れ、亡くなる人が続出するからか、
「躊躇せずにクーラーを点けて下さい」と呼びかけています。
この異常気象はどうしたのでしょう?
e0323465_06385187.jpg
e0323465_06391554.jpg
でも・・皆がクーラーを躊躇せずにつけ続けたら、益々暑くなるという事はないのですか?
2年後のオリンピックはこの暑さのなかで開催するのでしょうか?
e0323465_06402384.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2018-08-06 06:47 | 2018年 | Comments(0)

夏虫駅という駅の話

e0323465_12005962.jpg
e0323465_12012032.jpg
朝ドラ<半分青い>の中で<夏虫駅>という駅の場面は大変印象的でした。
話を一層盛り上げたのが、駅の名前だったのではないかと思います。
ドラマの舞台は岐阜なのですが、<夏虫という駅>は作者が作った名前のようです。
そしてロケ地は<わたらせ渓谷鉄道>にある駅だということでした。
私は2005年頃、あの鉄道に沿って旅をしたことがあります。
<わたらせ渓谷鉄道>では<夏虫色>も想像できそうです。
e0323465_12041849.jpg
e0323465_12043577.jpg
千葉の外房海岸を訪ねて出かけた時に、私は千葉駅で快速に乗り換えそこない、
1時間遅れの鈍行で、目的地に行ったことがあります。
そお云う時って、何か、いいこともあるものです。
<ちょうじゃまち>などというのんびりした駅に止まったのですからね。

[PR]
by michinobe8 | 2018-07-29 12:06 | 2018年 | Comments(0)

<中央線・日野駅>記憶とは

e0323465_16282713.jpg
e0323465_08500876.jpg
数日前、知人のフルートコンサートを聴きに日野の市民ホールへ行きました。
昨今殆ど行ったことが無い日野ではありましたが、私は遥か昔(終戦直後)日野に1年位住んでいたことがありました。

終戦直後の東京は、戦災にあった人たちが様々な場所で右往左往していたのではないかと思います。
私もそんなわけで、疎開先から東京に戻った時に一時、父の会社の寮があった日野に住んだのでした。

現在、それから70年も経っているのですから日野が変化してもおかしくはないのですが・・

日野の駅のホームは、駅舎より小高い所にあって(これは今も変わりませんが)
八王子の方向へ向かい甲州街道が坂道を登るように走っているのが、ホームから見ることが出来ました。
あの道は、白いコンクリートの坂道で、小学校へ入学するまえの子どもの記憶では、モノクロ写真を見るようでした。

私は試しに日野駅のホームを甲州街道から撮り、モノクロ写真にしてみたのでが、
残念ながら記憶の雰囲気は出ませんでした。どこかに記憶のカケラがあるのではないかと思った訳です。

コンサートで聴いたシューベルトの交響曲<未完成>の調べがむしろ、あの頃の記憶と重なるように思い
記憶の不思議を思いました。

e0323465_16325987.jpg

1950年 武蔵小金井
e0323465_16342393.jpg
1963年8月国分寺




[PR]
by michinobe8 | 2018-07-21 16:36 | 2018年 | Comments(0)

夕暮れ時

e0323465_06381509.jpg
昨今の、極端な暑さも少し静まった夕暮れ時というのが好きです。
若い時には忙しさで気が付かなかったこの時刻に
郵便ポストに手紙を投函しに行くなど、ちょっとした用事を思いついて表へ出てみます。

家へ帰ろうとする人、夕方の月、それに今は殆どなくなった、お店の裸電球。
何気ない日常が如何に大事なことなのか、災害のニュースの報道を見るたびに思う事です。
e0323465_06384762.jpg
e0323465_06393347.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2018-07-14 06:40 | 2018年 | Comments(0)