あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

武蔵国分寺跡にて

e0323465_17444425.jpg
e0323465_17452256.jpg
武蔵国分寺跡は国分寺駅からバスで行くことが出来ます。
とに角、武蔵国分寺の山門に立ってみますと私は、50年以上前に友人と訪れた時の事を思い浮かべるのです。
女の子たちが夏休みを楽しんでいるかのような姿。素朴な国分寺の風景でした。
「天平13年(741)聖武天皇が仏教の力で国を安定させるために諸国に国分寺の建立を命じた」
という歴史的な事柄は、今現在になって自分の僅か50年の軌跡の先に
遥か昔の人々の生活を思う気持ちが湧いてくるようで・・興味深いことでした。
e0323465_17463859.jpg

武蔵国分寺は湧き水豊富な国分寺崖線を背にして、都と国府を結ぶ駅路(東山道武蔵路)近くに配したそうです。
湧き水は今<お鷹の道>という名の散歩道であり、この水路は野川に流れ出ているということです。
その後、多摩川に流れ着くと云う訳なのです。
e0323465_17473798.jpg
e0323465_17484107.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2017-09-02 17:50 | 私の撮った1950年 | Comments(2)
Commented by 永福町のカメラ好き at 2017-09-07 21:30 x
モノクロが良いのか、50年の時間の熟成が良いのか?写真の不思議ですね!
Commented by michinobe8 at 2017-09-08 11:37
随分昔の話です。私はコニカ、レンズシャッターのカメラを持って友人と国分寺を歩いたのですよ。
現在はCanonPowerShot G7Xをぶら下げています。