あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

2016年8月6日

今日の朝日新聞の夕刊は1面と10面を見開きで<リオ五輪開幕>の華やかな記事と<広島原爆記念日>の記事が載っていました。
<難民選手のいない世界が理想>という見出しの記事もあります。
e0323465_21324452.jpg

ところで、私は1943年頃、父が撮った写真を改めて思い出しているのです。
その一枚は、防空壕の地鎮祭の写真です。恐らく町会の大きな防空壕のようです。
場所は新宿・角筈。現在の都庁からさほど遠くはないと思います。
もう一枚は、その防空壕の入り口です。入り口には日本の国旗が見えます。
今思えば、このような場所で安全な筈はありません。
まもなく、新宿にも爆撃は襲い、焼け野原と化しました。
そして、昭和20年8月広島、長崎に原爆が投下され、8月15日に終戦となりました。
e0323465_21332267.jpg

あれから、70年余りたちました。世界中で不穏な事柄が頻発しているなか、平和の祭典オリンピックが南米で初めてのリオ五輪開幕でした。
「人間は過ちを繰り返すものだ」と誰かが話していました。
繰り返さないためには、過去を検証して若い人たちに諦めずに伝えることなのかもしれません。
[PR]
by michinobe8 | 2016-08-06 21:41 | 父の撮った写真 | Comments(2)
Commented by 二俣川のカメラ好き at 2016-08-07 10:59 x
貴重な父君が残された写真ですね。記載説明はNHK的ですが、その時の地鎮祭参列者の心の内を想像してみるのも写真の見方の1つと思いました。 70年前ですか!
Commented by michinobe8 at 2016-08-07 17:53
二俣川のカメラ好きさんありがとうございます。おっしゃる通りです。私は5歳くらいでしょうか。大人たちの思いは分かりにくいのですが、この防空壕へは、入りましたよ。真っ暗で警戒警報が解除されるまでみな黙って座っていました。この防空壕は暗くて嫌いでした。東京大空襲の日この場所から下町方向の空が真っ赤になり西側の空が真っ青だった記憶があります。