人気ブログランキング |

あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

昭和27年〈1952年〉鏡里関の思い出

今年の大相撲5月場所は昨日白鵬対稀勢の里で白熱しましたね。
今場所一番の見どころだったのではないでしょうか。
相撲と言えば今から61年前「鏡里が伯父ちゃんの家に来ているって!」という弟の興奮した声に驚きました。
どうして?などと思う余裕もなく伯父の家に飛んで行きました。
当時私の家は伯父の家の敷地内にありました。ですからすぐに飛び込んで行けたわけです。
おずおずと座敷に入って行きますと、すでにいとこや沢山の人たちが鏡里関の周りに集まっていました。
確かあの時、鏡里は大関だったと思います。そしてこの写真の翌年〈1953年〉 横綱になります。
野球と相撲は子供たちの間で圧倒的な人気の時代でした。特に男の子たちのファンは多かったですね。
弟はお相撲さんのメンコを大事に持っていました。
<気はやさしくて力持ち>という言葉を絵に画いたような鏡里関をこんなに近くで見ることが出来たなんて、
とにかく嬉しかったです!
父は写真を撮ることを頼まれていたのでしょう。今、2枚写真が残っています。
でも、私は父があの部屋に居たということすら思い出すことができません。可笑しいですね。
ところで、この集合写真はもう一つ<不思議>があるのです。
鏡里関の向かって右隣に座っているイケメンの男の子は・・役者さんの中村嘉津雄さんです。
それから後ろの方に抱かれている赤ちゃんは嘉津雄さんの甥であり歌舞伎役者の中村歌六さんなのです。
嘉津雄さんのお兄さんである中村錦之助さん〈後の萬屋錦之助〉はこの年に“ひよどり草紙”という映画で美空ひばりの相手役をやり、その後爆発的な人気俳優となって行ったのです。
このようなことが度々起こる伯父の家は、私から見れば面白い家でした。
嘉津雄さんといとこ達がチャンバラごっこをしますと、嘉津雄さんはあまりに立ち回り上手で、戦う相手が面白がって見物することになってしまっり・・大笑いでした。
1952年、当時 大関鏡里
e0323465_1136137.jpg

まもなく横綱となった鏡里関の周りに集まる子供たち
e0323465_11385145.jpg

2013年五月場所、白鵬対稀勢の里の熱戦をテレビ観戦
e0323465_11451819.jpg

私は今、両国〈国技館〉の辺りや隅田川の川筋を歩くのが好きです。
恐らくあの時の鏡里関の好印象が影響しているのかもしれません。
e0323465_11502186.jpg

2013年1月 両国橋近く
e0323465_1153392.jpg

2013年1月蔵前橋夕景
e0323465_1155839.jpg

by michinobe8 | 2013-05-26 11:55 | 父の撮った写真 | Comments(3)
Commented by yuyace8 at 2013-05-26 16:53
こんにちは
鏡里、なつかしいですね
いい写真がありましたね
橋の欄干の絵、「かたすかし」おもしろいですね
蔵前橋夕景、鳥がいい感じに入って、そこに居合わせたような感じになりました
Commented by michinobe8 at 2013-05-26 22:06
yuyaceさんありがとう!国技館は以前、蔵前にありましたね。
それで、蔵前橋のレリーフはお相撲さんなのではないかと覆っています。
Commented at 2013-06-02 13:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。