あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

上野のお山と2人のおばあちゃんの話

e0323465_15544375.jpg
       2014年西郷さんの銅像とデイゴの木
上野公園に行くと時々思い出すことがあります。
1つは 夫の祖母が私につぶやく様に話をしてくれました。

「関東大震災は怖かったね・・・・おひつを持って逃げたのだよ・・それが、すえた方のおひつだった・・」
と、なんとも悔しそうな様子になりました。

関東大震災は1923年(大正12年)9月1日午前11時58分におきました。昼食の時間になろうとしている時です。
恐らくおばあちゃんの家には、ご飯を入れるおひつが幾つかあって、
その中のすえてしまった(すっぱくなってしまった方の)おひつを慌てて抱え避難した、と言うのです。
浅草の合羽橋商店街に自宅がありましたから、逃げた先は上野のお山だったのです。
それだけの話だったのですが、今もっと、話を聞けばよかったと思うのです。

もう一つは、夫の友人のMさんから聞いた話ですが、東京大空襲の時の事です。
その友人の家は酒屋さんで、上野駅から御徒町方面に向かって線路が高架になっていますが、
その高架下にお店はあったようです。大空襲に襲われ、家族は上野の山に逃げたという事でした。それは想像を絶するような事だったでしょう。
私は真っ黒こげになった遺体が山のように積まれていた光景の写真を見た事があります。
犠牲者を火葬する臨時の火葬場が西郷さんの銅像の横にあったという話も聞いたことがあります。
友人のMさんは「しばらくして、おばあちゃんが家の様子を見て来ると言って店に帰ったのだけれど、電車の高架下だから頑丈に出来ていて無事だったんだ。
おひつに入っていたご飯をおにぎりにして持って帰ってきたよ」と言いました。
関東大震災に東京大空襲。
2人のおばあちゃんはその時、今の私より若かったと思いますが、誠に見事な人たちだったと思うのです。
e0323465_16010406.jpg
     上野公園口の秋  2007年
e0323465_16021568.jpg
      奏楽堂が見えるのどかな道



[PR]
# by michinobe8 | 2018-12-12 16:05 | Comments(0)

上野のせごどん

e0323465_23320360.jpg
上野の西郷さんと言えば上野公園の象徴的な銅像です。
e0323465_23330793.jpg
e0323465_23332905.jpg
10年程前から何となく西郷さんの銅像の写真をスナップするようになりました。
矢張り上野には、無くてはならないのです。
e0323465_23352875.jpg
e0323465_23362655.jpg
最近、上野公園もお洒落になって来ました。
駅への近道も西郷丼も無くなりました。
西郷さんの銅像は、全てを眺め続けているのでしょうね。
e0323465_23371211.jpg

[PR]
# by michinobe8 | 2018-12-03 23:38 | 2018年 | Comments(0)

写真展<戦後横浜に生きる>

e0323465_12065883.jpg
奥村泰宏・常盤とよ子写真展<戦後横浜に生きる>という展覧会が横浜の<横浜都市発展記念館>で
開催しているということです。
テレビのニュースで知った私は、兎に角 行って見ようと思いました。

私の学生時代、常盤とよ子さんの写真は<横浜の赤線地帯の女性たちの写真>で話題にのぼっていましたが、
そのころの私にはどぎついと云う印象ばかりが残っていたように思います。

けれども今、常盤とよ子さんの写真はどぎついという印象よりむしろおおらかに感じました。
ご主人の奥村泰宏さんは、終戦直後の浮浪児保護した<ボーイズホーム>の写真などを残しています。

終戦直後の状況と全てが変化したのに、
こどもの虐待のニュースは後を絶たないというのはどお云う事なのでしょう。
恐らく経済発展は見事なものでしたが、そのために大事な事柄を大幅に落としてしまったのだと思っています。

[PR]
# by michinobe8 | 2018-11-24 12:08 | 2018年 | Comments(0)

中央線沿線 高円寺にて

e0323465_23180809.jpg
久し振りに高円寺の商店街へ出かけて行きました。
この地区に商店街が13もあるそうで、その全部を私は歩いていません。
でも、楽しいのですよ。個人の店がひしめき合っていて、皆、個性を主張しています。
それから、<高円寺>というだけあってこの辺りはお寺が多いように思います。
今日は長泉寺というお寺に立ち寄ってみました。
2 長泉寺にて
e0323465_23195697.jpg
3 JR高架下の居酒屋街
e0323465_23211677.jpg
4長泉寺の屋根瓦
e0323465_23220049.jpg


[PR]
# by michinobe8 | 2018-11-19 23:22 | 2018年 | Comments(2)

パノラマ写真・東京駅

e0323465_16563129.jpg
東京駅と元中央郵便局の建物が、丸ビルの5階テラスからよく見えます。
そして5階にあるレストランで小学校時代のクラス会がありました。
私たちも充分年をとって、そろそろ、クラス会を閉じようかという話が出て来たのです。
私は満足感と淋しい気持とが入り混じる不思議な気持になりました。
そして、丸ビル5階テラスで撮った写真をパノラマ写真にしてみることにしたのです。
このパノラマ写真は私の心の記念塔です。

[PR]
# by michinobe8 | 2018-11-10 22:20 | 2018年 | Comments(0)

十月桜

e0323465_23202923.jpg
秩父、横瀬の札所9番 明智寺の入り口に十月桜が咲いていました。
秋なのに・・と云うわけです。そういえば小春日和は11月頃でしたっけ。

境内に巡礼姿の年配の人がいました。娘さんのような人と一緒でした。
娘さんらしき人は洋服でしたが、一緒にいた犬が2匹、やはり巡礼姿でした。

不思議な気持ちになりましたから、、このお寺の事が書かれてある木札を読んでみますと
子育て、安産の観音さまを祀っているということです。
犬は安産と言いますから犬に巡礼の姿をさせたのかしら??・・という事に致しましょう。
e0323465_23234780.jpg
室町時代の板石塔婆3基が通りに沿って立っています。菊の花が咲いています。
私は、いつの間にか遠くを眺めているような気持になっていました。


[PR]
# by michinobe8 | 2018-10-29 23:25 | 2018年 | Comments(0)

職人

e0323465_14593760.jpg
台風24号で吹っ飛んだ屋根のトタン部分を、10月20日にようやく修理に取り掛かる事となりました。
板金屋さんの話によりますと、40件も修理の依頼があったそうです。
「それではお疲れでしょう??」と、私が言いましたら「よれよれです」と笑いながら答えました。

運の良いことに、修理の3日間は晴天に恵まれました。

足場の無い所で梯子を屋根まで掛けて、
機材を持って登って行く板金屋さんは、
まるで軽業師のように軽やかです。

トントンと修理をする音が、家の中に響いて聞こえます。

私は専門的な事はわかりませんが、その音が何とも無駄が無い響きなのです。

「とても腕のいい職人さんですよ。72歳です」と、紹介してしてくれた人に言われて
とても驚いたと同時に、矢張りそうだったのかと納得したのです。、


[PR]
# by michinobe8 | 2018-10-23 15:01 | 2018年 | Comments(0)

秋桜

e0323465_20201257.jpg
久し振りに友人と秩父路を歩くことにしました。
秋日和とは言えませんでしたが、コスモスの花があちこちで咲いています。
しばらく行きますと、農家の人が楽しそうに話をしています。

何となく私は<秋桜>の歌を思い出していました。山口百恵さんが唄ったあの歌です。

  うすべにの秋桜が秋の日の
  なにげない日だまりに揺れている
e0323465_20212896.jpg

この歌を度々聴いていた当時は、何となく面はゆい気持になる歌詞でしたが、
百恵さんが唄うと素直な気持になったのが不思議でした。

そして今、農家の人たちの楽し気な光景を眺めていたら<秋桜>の歌を思い出してしまったのです。
e0323465_20222836.jpg

[PR]
# by michinobe8 | 2018-10-16 20:23 | 2018年 | Comments(0)

台風のつめ跡と月

e0323465_10264560.jpg
台風は25号も日本列島につめ跡をのこして通り過ぎて行きました。
私はこの日々の移り変わりの速さを呆然とした気持ちで眺めています。

台風24号が東京を通り過ぎた晩に、物凄い風と共にドタンという音がして、
しばらくすると、2階の北側の部屋が雨漏りを始めました。
これは大した雨漏りでもなく終わりましたけれど、翌朝の屋根は無残でした。

ただ、トタンの部分がぶら下がっただけで、屋根から剥がれなかったために、
ご近所にも迷惑をかけずにすみ、ほっとしましたが・・

空を見上げると無残な屋根の向こうに月が見えました。

ふっとジブリ映画「かぐや姫」のことを考えていました。
かぐや姫は見ているだろうか?
高畑勲監督のメッセージは、考えさせられるものが沢山あった映画でした・・

取りあえず屋根の応急手当をしてこれから、本格的な修理になるようです。
柿の木はとても元気で、職人さんが屋根の上からもぎってにっこりしていました。
e0323465_10343531.jpg
e0323465_10345109.jpg

[PR]
# by michinobe8 | 2018-10-09 10:36 | 2018年 | Comments(0)

嵐の前の静けさ・・台風24号来襲の予報

e0323465_14430348.jpg
台風24号が日本列島を北上すると言います。
テレビで報じているところによりますと、20時から在来線はJR全線運休するというのです。
最近の自然の荒々しさは、恐怖すら感じます。
e0323465_14440253.jpg
今日は、一か月前から友人数人で集まる約束をしていたのですが、
残念ながら取りやめる事にしました。
空はどんよりと曇ってはいるのですが、とても静かな日曜日です。
2階の窓から外を眺めますと、柿の実が所々色づいているようです。
晴れた日は鳥の鳴き声が賑やかですが、今日は静まり返っています。嵐の前の静けさなのでしょうか。
e0323465_14452972.jpg


[PR]
# by michinobe8 | 2018-09-30 14:46 | 2018年 | Comments(0)

<仲秋の名月>を思う

e0323465_12105651.jpg
暑さもやわらいで・・新暦なら今頃が仲秋と言うのでしょうか。
昨晩眠る前にガラス戸を開けて空を眺めますと、丸い月が雲間から顔を出していました。
月が最も美しく見えると言われるこの時期・・夕暮れ頃から空が気になります。
今年の天候は荒々しくて、まだ美しい月を眺める機会がありませんけれど、慌てることもないでしょう。

この写真は2014年拝島駅前の風景ですが、開発途中と聞いていました。どのように変化したでしょう?
e0323465_19504577.jpg
2013年9月の名月
e0323465_19523850.jpg
2013年9月自宅の窓から眺めました。


[PR]
# by michinobe8 | 2018-09-24 12:12 | 2018年 | Comments(0)

原宿という街

e0323465_15023499.jpg
JR原宿駅のホームから<竹下通り>が見えます。
いつもは通りすがりの風景として見ていたように思いますが、今日は言ってみることにしました。
3連休の日曜日だからでしょうか、大変な混みようで思わず尻込みしそうになりました。
外国人観光客が非常に多いようです。西洋人、アジア人、アフリカ系の人・・様々な人々達
「この町の感想は??どこの町が面白かったですか??」等と聞いてみたい気持になります。
e0323465_15051622.jpg
竹下通りのお店は、骸骨の絵など、何やら怖いイメージのものが多いように思いました。
昔からこのよな雰囲気だったのかしら??それとも、最近の自然災害の多い日々故に・・??
e0323465_15061468.jpg
渋谷に近い横丁の商店街にコンビニがありました。
ここも、外国人は多く、少しおしゃれなコンビニですね。
確かここは以前、酒屋さんだったと記憶します。

[PR]
# by michinobe8 | 2018-09-17 15:07 | 2018年 | Comments(0)

ライブハウス<カモメ>で トリオ・リベルタ ラストコンサート

e0323465_12032528.jpg
横浜・関内の ライブハウス<カモメ>というライブハウスが閉じるということのようで、<トリオ・リベルタ>のラストコンサートを聴きに行きました。
e0323465_12043645.jpg
ガーシュインの<サマーターム>から始まり、
勿論リベルタンゴ<アストル・ビアソラ作曲のもの>、
そしてアンコールには<この道>山田耕筰 作曲・北原白秋 作詞まで・・
素晴らしいラストコンサートでした。
e0323465_12052178.jpg
私は帰途、関内の街を歩きながら耳の中では演奏がしばらく消えませんでした
e0323465_12060521.jpg

[PR]
# by michinobe8 | 2018-09-09 12:07 | 2018年 | Comments(0)

保育園のお散歩風景

e0323465_09474874.jpg
秩父

何年くらい前からでしょうか、このように保育園児のお散歩風景と出会うことが多くなりました。
子どもたちも先生たちも一生懸命な様子でほほえましい姿です。
ここの所の猛暑では少し控えめですけれどね。
e0323465_17182673.jpg
      台東区
e0323465_17190392.jpg
この子どもたちがすくすくと育って欲しいと願いながら私は通り過ぎます。

[PR]
# by michinobe8 | 2018-09-01 17:22 | 2018年 | Comments(0)

縄跳び・わらべうた(1950年ころの思い出〉東京

e0323465_21581307.jpg
子どもたちが縄跳びをして遊んでいます。何か唄っているでしょうか?・・

私が小学生だったころ、こんな風な唄で縄跳びをしたことを思い出します。

   ほらほら 青山のえど豆は 青臭い 
   お姫様、どんすけどん 
   1はっさん 2はっさん 3はっさん 1ぬけろ。 


[PR]
# by michinobe8 | 2018-08-26 21:59 | 2018年 | Comments(0)

東京の東を歩いて・・

e0323465_12303062.jpg
<「男はつらいよ」を旅する>という川本三郎の本を読みました。
e0323465_12312867.jpg
「男はつらいよ」の舞台は柴又ですが、川本三郎さん曰く、
東京の場合、映画の舞台である柴又を中心に、東京の東が描かれていると語ります。

マドンナ(川本さんはヒロインといわれます〉が住んでいる場所が意表を突く場所と書かれているところを読んだとき私は「そうそう!」と思いました。
川本さんは、東京の川の中でも荒川放水路が出来た時に二つに分けられてしまった「不幸な中川」と話します。
その中川のほとりに、かのマドンナ(岸恵子、伊藤蘭、志穂美悦子 〉達が住んでいたりするわけなのです。
舞台は決して、青山や銀座ではないのです。
e0323465_12322087.jpg
さくらさんが住んでいたところも川の近く


「東京の東」をカメラをぶら下げながら歩く事が多い私ですが、
これは私がその場所を撮りたいからという訳ではなくて
一緒に撮影していた私の連れ合いが、東京の東方面で撮影することを好んでいたものですからね。
ですから、私は無責任というか、客観的に眺めていた町の数々でした。
e0323465_12332875.jpg
お陰様で、東京の東の地の事を今までとは少し違って、あれこれと思い起したりするようになりました。
e0323465_12341386.jpg
e0323465_12343039.jpg
          東向島にて

[PR]
# by michinobe8 | 2018-08-18 12:39 | 2018年 | Comments(0)

ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ アディオス

e0323465_12001818.jpg

東京ミッドタウン日比谷にある<日比谷シャンテ>に映画を観に行きました。
映画は<ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ アディオス>です。
この映画はアメリカのギタリスト、ライ・クーダーとキューバの老ミュージシャン等で
結成されたバンドのドキュメンタリータッチの映画が1999年に制作されています。
監督はクーダーの友人ヴェムヴェンダリー監督です。

今回はこの老ミュージシャン達、アディオスの映画なのです。
e0323465_12014170.jpg
映画を観終わって外に出ると、辺りは知らない町<東京ミッドタウン、日比谷>でした。
e0323465_12025352.jpg
駅の方へ向かうと、ガード下の焼き鳥屋の灯が見えました。
まだ時間は早いのですが、懐かしい風景でした。 
私もアディオスの年齢に近付いたという事でしょうか。


[PR]
# by michinobe8 | 2018-08-12 12:03 | 2018年 | Comments(0)

銀座4丁目・2018年夏の酷暑

e0323465_06374479.jpg
今年の夏は西日本では災害があり、そして全国的に酷暑です。
銀座四丁目の角だけがおしゃれで涼しいという訳には行かないのです。
写真画像では、パラソルが楽し気ですが、長い間立ってはいられない程の暑さなのです。
それで、デパートの中に逃げ込むと、何とも涼しい。観光客もほっとしているようです。

テレビでは、熱中症で倒れ、亡くなる人が続出するからか、
「躊躇せずにクーラーを点けて下さい」と呼びかけています。
この異常気象はどうしたのでしょう?
e0323465_06385187.jpg
e0323465_06391554.jpg
でも・・皆がクーラーを躊躇せずにつけ続けたら、益々暑くなるという事はないのですか?
2年後のオリンピックはこの暑さのなかで開催するのでしょうか?
e0323465_06402384.jpg

[PR]
# by michinobe8 | 2018-08-06 06:47 | 2018年 | Comments(0)

夏虫駅という駅の話

e0323465_12005962.jpg
e0323465_12012032.jpg
朝ドラ<半分青い>の中で<夏虫駅>という駅の場面は大変印象的でした。
話を一層盛り上げたのが、駅の名前だったのではないかと思います。
ドラマの舞台は岐阜なのですが、<夏虫という駅>は作者が作った名前のようです。
そしてロケ地は<わたらせ渓谷鉄道>にある駅だということでした。
私は2005年頃、あの鉄道に沿って旅をしたことがあります。
<わたらせ渓谷鉄道>では<夏虫色>も想像できそうです。
e0323465_12041849.jpg
e0323465_12043577.jpg
千葉の外房海岸を訪ねて出かけた時に、私は千葉駅で快速に乗り換えそこない、
1時間遅れの鈍行で、目的地に行ったことがあります。
そお云う時って、何か、いいこともあるものです。
<ちょうじゃまち>などというのんびりした駅に止まったのですからね。

[PR]
# by michinobe8 | 2018-07-29 12:06 | 2018年 | Comments(0)

<中央線・日野駅>記憶とは

e0323465_16282713.jpg
e0323465_08500876.jpg
数日前、知人のフルートコンサートを聴きに日野の市民ホールへ行きました。
昨今殆ど行ったことが無い日野ではありましたが、私は遥か昔(終戦直後)日野に1年位住んでいたことがありました。

終戦直後の東京は、戦災にあった人たちが様々な場所で右往左往していたのではないかと思います。
私もそんなわけで、疎開先から東京に戻った時に一時、父の会社の寮があった日野に住んだのでした。

現在、それから70年も経っているのですから日野が変化してもおかしくはないのですが・・

日野の駅のホームは、駅舎より小高い所にあって(これは今も変わりませんが)
八王子の方向へ向かい甲州街道が坂道を登るように走っているのが、ホームから見ることが出来ました。
あの道は、白いコンクリートの坂道で、小学校へ入学するまえの子どもの記憶では、モノクロ写真を見るようでした。

私は試しに日野駅のホームを甲州街道から撮り、モノクロ写真にしてみたのでが、
残念ながら記憶の雰囲気は出ませんでした。どこかに記憶のカケラがあるのではないかと思った訳です。

コンサートで聴いたシューベルトの交響曲<未完成>の調べがむしろ、あの頃の記憶と重なるように思い
記憶の不思議を思いました。

e0323465_16325987.jpg

1950年 武蔵小金井
e0323465_16342393.jpg
1963年8月国分寺




[PR]
# by michinobe8 | 2018-07-21 16:36 | 2018年 | Comments(0)