人気ブログランキング |

あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

手紙を出しにポストまで・・日日是好日・・

e0323465_11173096.jpg
友人から暑中見舞いのはがきが届きました。
日本郵便のハガキで、西瓜やトマト、それにラムネの絵が描かれています。
昨今メールのやりとりが多くなりましたので、暑中見舞いのハガキは大袈裟なほど嬉しい気持になりました。
私は早速お礼のハガキと思い手持ちのお気に入りの絵葉書を探しました。

さて今年の梅雨はどんよりと長く、その重たい気持の中で 
   森下典子さんの<日日是好日> の本を読んでいたのです。
この本は自分の日常を改めて考えるのにとてもステキな本でした。

そして 午後のほんの少し雨が止んだ時間に、暑中見舞いの返信のハガキを持ってポストまで出掛けたと云うわけです。
e0323465_11191044.jpg
e0323465_11201456.jpg
      日日是好日・・・

# by michinobe8 | 2019-07-15 11:21 | 2019年 | Comments(0)

夢想 高幡不動にて

e0323465_12305291.jpg
私は今、2007年の<暮らしの手帖>に載った立原道造の<ヒヤシンスハウス>の事を思い出しています。
5坪に満たない小さな小屋を、詩人・立原道造が設計したのです。
しかし立原道造は、わずか24歳で夭折してしまいます。
雑誌には<小さな小屋に ちりばめられた「いごこちのよさ」への創意工夫>と書かれてありましたが
本当に素敵な設計だと思いました。
e0323465_12320326.jpg
e0323465_12325575.jpg
ところで、紫陽花の季節で賑わう高幡不動に友人と出掛けたのです。
3年前も矢張りその友人とこの時期、歩きました。
ですから、慣れた道を行く様に奥に向かいます。
豊泉寮という茶室のある入り口の庭を進んで行きますと、<風信庵>という庵がありました。
雨戸が閉まっています。・風信庵という庵も何やら良い名前です。

友人が「風信子}と書いてヒヤシンスと読むのね」と、言いました。
そうです、私もそう思っていたのです。


e0323465_12334876.jpg

# by michinobe8 | 2019-07-02 12:35 | 2019年 | Comments(0)

<スカイツリーの見える町>

e0323465_15392716.jpg
東京スカイツリー駅を下車すると、まずあの高いスカイツリーが目に入ります。
駅名が<押上>だったころとはイメージが大幅に変わりました。
私はスカイツリーが出来る事によって、急速に街並みが変わるのではないかと思っていました。
e0323465_15410589.jpg
けれども、スカイツリー駅となった押上近辺等,場所によっては高層マンションや大型スーパーマーケット
などが出来ましたが、大方が、以前と変わらない日常があるような印象をうけました。
e0323465_15421310.jpg
e0323465_15423999.jpg
町はどのようにして出来、変化したり、留まったりして行くのか・・歩きながら思ったことです。
e0323465_15433350.jpg
それにしても、日が落ちて夜空に輝くスカイツリーはきれいですね。

e0323465_15451121.jpg

# by michinobe8 | 2019-06-24 15:46 | 2019年 | Comments(0)

銀座 表通り、裏通り

e0323465_23172097.jpg
銀座4丁目、三越前で友人と待ち合わせをしました。時間になってもなかなかやって来ません。
e0323465_23191526.jpg
私はバッグからカメラを出して、辺りのスナップを始めました。・・まだやって来ません。
ケータイで友人に電話を掛けてみました。時間を間違えてしまったようです。・・まだまだ時間は掛かるようです。
e0323465_23210071.jpg
私は銀座の裏通りにあるお稲荷さんの事を思い出し、行って見る事にしました。
<宝童稲荷>という名前のお稲荷さんです。
<銀座百店会>発行の<銀座百点>の冊子の地図をみますと、何やら秘密めいて、惹かれる気分になるのです。
e0323465_23203428.jpg
その道筋は、気を付けて行かないと通り過ぎます。
e0323465_23241086.jpg
お猿さんがそおっと案内してくれましたから、行きつくことが出来ましたけれどね。
e0323465_23245754.jpg

# by michinobe8 | 2019-06-15 23:27 | 2019年 | Comments(0)

熊谷守一美術館

e0323465_09024501.jpg
友人の家の近くに<熊谷守一美術館>はあります。
「今日は行きましょう」と強引に友人を誘って出かけました。
e0323465_17155786.jpg
西武池袋線・椎名町駅から徒歩13分。
東京メトロ有楽町線・副都心線 要町駅から8分。
この辺りは池袋モンパルナスと言って、第二次世界大戦の終戦の頃に沢山のアトリエ村が存在し、
芸術家たちが住んでいたところなのです。
熊谷守一の住まいだったところが美術館になっています。
コンクリートの建物の壁に蟻の絵画いてありました。


e0323465_17165979.jpg
この蟻の絵は私のお気に入りなのです。

# by michinobe8 | 2019-06-11 17:17 | 2019年 | Comments(0)

古書・豊川堂(下高井戸)

e0323465_09254399.jpg
2016年6月
      

京王線・下高井戸駅は京王線と井之頭線が交差する明大前駅のお隣になります。
土曜日ということもあって、駅近くの商店街は賑わっていました。

駅から2分の所にありながら、そこだけ昔ながらの雰囲気が残っているような所に<古書・豊川堂>はあるのです。

私が<町歩き>という事で下高井戸を訪ねたのは2012年7月でした。約7年前のことです。
そして、今年あの懐かしい古本屋さんは健在していました。
私は6年前の書店の写真と現在の写真を見比べながら時の流れをしばらく思い続けていたところです。

e0323465_10182463.jpg
      2012年7月

# by michinobe8 | 2019-06-04 10:19 | 2019年 | Comments(0)

漫画家の梁山泊「トキワ荘」

e0323465_21333729.jpg
東長崎駅前交番の前に立ちますと、思わずおやっ!改めて交番を眺めなおします
この交番は漫画の巨匠たちが住んでいた「トキワ荘」をモチーフにして作られているのです。
e0323465_21345544.jpg

トキワ荘は当時豊島区椎名町5丁目2253番地に、1952年から1982年まで若き漫画家たちが
<手塚治虫、藤子不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫・・・>住んでいた木造アパートなのです。
e0323465_21354763.jpg
トキワ荘は取り壊されて現在ありませんが、兎に角トキワ荘が有った町を訪ねてみました。
漫画家たちのエネルギーが溢れていたこの町は、時がたち・・ 
それでも、恐らくとても住みやすい町だったに違いないと
思われる様々な所を見つけては歩いたのでした。
e0323465_21370907.jpg
漫画家たちが絶賛した醤油ラーメンの<松葉>

# by michinobe8 | 2019-05-27 21:40 | 2019年 | Comments(1)

戸越銀座商店街

e0323465_15524485.jpg
戸越銀座は品川区にあります。
山手線、五反田から池上線に乗り換えて2つ目の駅で降ります。
駅の名前は<戸越銀座>なのです。大変長く続く商店街としても、有名です。
私は初めて訪ねてみたのですが、歩きだしてすぐに「空が青い」と思いました。
電線が無いのです。これは素晴らしいですね。
e0323465_15534330.jpg
八百屋さんが女の子に話しかけています。。のんびりした光景です。
e0323465_15542414.jpg
この八百屋さんはゆとりがありますね。お店の裏庭らしい所が見えます。
もしかして漬物を付けたりしていたら‥と思ってしまいます。
e0323465_15552232.jpg
うなぎのかば焼きはお値段が・・と思いましたが、貝類も調理しているのでしょうか?
e0323465_15562181.jpg
お洒落な洋装店。<ポルトガルの布地あります>という文字に後ろ髪引かれながら通り過ぎました。


# by michinobe8 | 2019-05-19 15:58 | 2019年 | Comments(0)

上り下りの舟人たち・・隅田川を行く船

e0323465_17134788.jpg

隅田川を眺めていると様々な船が通り過ぎて行きます。
勿論一番の花形が水上バスだと思いますが、それと共に屋形船は花見の時など華やかです。

今回隅田川沿いを歩きながら改めて思ったことですが、
様々な船の行き交いを楽しみながらも、航行ルールについても興味が湧いてきました。
e0323465_17144622.jpg
 カヌー

e0323465_17153191.jpg
清洲橋の方向へ行く船は何の船でしょう。船の船体に書いてあった文字はGUARD SHIPとありました。民間の警備会社があるのかしら??
e0323465_17191426.jpg


# by michinobe8 | 2019-05-11 17:21 | 2019年 | Comments(1)

隅田川と橋 (橋りょう工事中の永代橋と清洲橋)

e0323465_23282594.jpg
令和元年5月隅田川・清洲橋
隅田川に掛かる橋はそれぞれに興味深く思い続けていましたが、改めて又眺めてみたいものだと出かけました。
地下鉄の森下から清洲橋へと歩いて向かったのですが、はたして橋はすっぽりと網が掛かっており、<橋りょう工事中 航行注意>と大きく書かれてあったのです。

最初、何ともがっかりしましたが、やがて落ち着くと、
こんな機会を眺められるのも好い事なのかもしれないと考え直しました。

今日はホントは最初に永代橋に行こうと思っていたのです。
永代橋から見える高層ビル群が永代橋にはとても似合うと思っていましたからね。
でも、清洲橋の辺りから見る高層ビルも負けてはいませんでした。
勿論佐藤春夫の<美しい町>などのことなどを、思い出すのもステキなことですけれどね。

さて、お化粧直しをした橋たちを眺めるまで、私は足腰を鍛えておくことに致しましょう。
e0323465_23330424.jpg
     永代橋
e0323465_23352612.jpg
    日本橋川の入り口にある豊海橋も工事中だそうです。美しい橋ですね。

# by michinobe8 | 2019-05-06 23:37 | 2019年 | Comments(0)

荒川、岩淵緑地でバーベキュー

e0323465_16183026.jpg

荒川、岩淵水門へ行って見ようと出かけました。4月28日は大型連休が始まっての日曜日です。
荒川の川沿いを歩いて行きますと、水門近くでテントが張られ、沢山の人たちが集まっていました。
近付くにつれ、わかったのですけれど 皆さんそれぞれにバーベキューをしているのです。
荒川岩淵緑地では当日先着1000名までバーベキューの使用が出来るという事で、
なるほど色々と考え出すものだと驚き、しばらくの間見物していました。
e0323465_12001897.jpg
e0323465_12005680.jpg
水門の事が 後回しになってしまいましたが、これも散歩の楽しみの1つです。
e0323465_12011315.jpg


# by michinobe8 | 2019-04-29 12:03 | 2019年 | Comments(0)

春の鎌倉にて

e0323465_21260714.jpg
春たけなわの鎌倉の町を人力車が行きます
e0323465_22582933.jpg
西洋館の庭に椿の花が一輪咲いていました。
e0323465_22592255.jpg
鏑木清方記念館の建物は此処でした。入ってみましょう。

# by michinobe8 | 2019-04-19 23:01 | 2019年 | Comments(0)

花冷えの日には”おでん”を! 江東区<砂町銀座商店街>

e0323465_10553311.jpg
ソメイヨシノは葉桜になりました。今年は花の寿命が長かったですね。
この時期としては寒い日が多くありましたから。

江東区の砂町銀座商店街まで足を延ばして歩いてみました。
おばあちゃんの働く姿は嬉しいですね。
花冷えの日にはおでんが飛ぶように売れるのではないでしょうか。

# by michinobe8 | 2019-04-12 10:56 | 2019年 | Comments(0)

春休みも終わり

e0323465_11512808.jpg

東京は朝から雨模様。今日は入学式でしょうか??

お休み最後の日曜日。小さな公園でお父さんと女の子がかくれんぼをしていました。
女の子は電柱の後ろで「もういいかい?」と叫んでいます。
若いお父さんが木の陰に隠れています。長閑な春の午後です。

# by michinobe8 | 2019-04-08 11:52 | 2019年 | Comments(0)

<元号>という事

e0323465_15354261.jpg
昨日元号が<令和>と決まったと報じられました。
テレビ報道を見た限り大変な騒ぎでした。

ところで、私は3月4日のブログで<花の寺・薬王院>の事を話しました。
薬王院の石仏に心ひかれたからです。石仏のある薬王院は鎌倉時代に建立されたらしいと書いた訳です。

しばらくして、そのブログを見たので・・と、メールが届きました。
そして、石仏に彫ってある元号から推測される話、石仏の話など、それは興味深い話を聞く事になったのです。
<元号>で話がこんなにも広がるとは思いませんでした。

日本という国は<元号>1つを考えても、面白い国だと改めて思いました。


# by michinobe8 | 2019-04-02 15:41 | 2019年 | Comments(0)

時空・上野公園にて

e0323465_16023316.jpg
上野公園に黒田記念館への案内ポスターが貼ってあります。

この絵は勿論黒田清輝の作品です。そして後になってからではありますが作品の説明文を読んでみますと・・
1894年〈明治26年〉フランスから帰国して最初に仕上げた作品だそうで
京都の鴨川の明るい水辺を背景に出窓に座っている舞妓さんを描いている・・と書かれてありました。

この魅力的な絵を眺めていましたら、ポスターの前をすうーっと外国人の青年が通り過ぎて行きました。
私はその時この絵の時空をさまよっておりましたから、この外国人の青年の珍入で不思議な気持になってしまったのです。

# by michinobe8 | 2019-03-23 16:08 | 2019年 | Comments(0)

<お彼岸>西武多摩川線・多摩駅

e0323465_21031883.jpg
中央線・武蔵境の駅から西武多摩川線は出ています。ローカルでのんびりした沿線だと私は思っています。
私はお墓参りの時だけ多摩川線の電車に乗るのです。

恐らくそお言いますと「お墓参りは多摩墓地ですか?」おっしゃる方が多いのですけれど、
多摩墓地を通り過ぎて少し行った所にお寺があるのです。
そして、春と秋のお彼岸の時期は、<暑さ寒さも彼岸まで>と言うだけあって長閑なのです。

今年も、多摩駅を降りたところの果物屋さんの果物がキラキラと輝いていました。

# by michinobe8 | 2019-03-21 21:04 | 2019年 | Comments(0)

スマホの時代

e0323465_11384086.jpg
<東京スカイツリー駅>

最近電車の中でも路上でもスマホを見ている人が多いですね。
特にスマホを見ている人を撮ろうと思っているわけではない時でも、
スマホの人が入ってしまいます。

先日、新宿、伊勢丹前の交差点で信号待ちをしていましたら
私の前と後ろに立っていた人が待ち合わせをしたらしく、スマホで話をしていたのです。
私が動きましたら、そのお2人は「何だ。ここにいたのか!」と驚いていました。
  まさにスマホの時代です。
e0323465_11430037.jpg
<亀戸線・亀戸駅>

e0323465_11440632.jpg
<中央線・四谷駅>

# by michinobe8 | 2019-03-11 11:45 | 2019年 | Comments(0)

<花の寺・薬王院>新宿区 下落合

e0323465_22062933.jpg
薬王院は鎌倉時代に創設されたと言われています。
4月中旬になると奈良の長谷寺から移植された牡丹が咲き、
その他にも、梅、椿、枝垂桜の木が植えられて、まさに花の寺です。
早春の静かな午後に訪ねてみました。

梅の花の香りに誘われて、石の階段を登って行くと何とも魅了的な石仏に出会いました。
春の光の中で頬杖をついて座っておられます。これは何時の時代に彫られたものなのでしょう?
e0323465_22080555.jpg
e0323465_22082497.jpg
e0323465_22084618.jpg

# by michinobe8 | 2019-03-04 22:09 | 2019年 | Comments(0)

亀戸天神は今<梅まつり>

e0323465_17205343.jpg
東風吹かば 匂いおこせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ
e0323465_17244301.jpg
<梅まつり>の季節です。今年は亀戸天神へ行ってみました。
幾らか風は冷たかったのですが、お日さまが燦燦として梅日和です。
e0323465_17254829.jpg
お参りを致しました。目の前に梅の盆栽が2つあります。
美しい盆栽です。
お参りは行列です。後ろの人に悪いと思い少し避けたところから盆栽の写真を撮りました。
e0323465_17265027.jpg
梅の花はまだ5分咲き位でしょうか。
榎稲荷神社が境内にあり、お賽銭箱の柄がうめばちでした。美しい形です。
e0323465_17274645.jpg
今日は梅づくしで、辺りは、ほんのり梅の香りがしました。

# by michinobe8 | 2019-02-24 17:29 | 2019年 | Comments(0)