あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

タグ:駅 ( 6 ) タグの人気記事

あぁ上野駅

e0323465_1112767.jpg

アメ横は誠に混んでいました。
そのなかでも外国人の数は多く買い物をしたり、食べたりそれは賑やかです。
ガード下に昭和の雰囲気の歌謡曲のポスターが並んでいるお店があります。
男の人がじっとお店の前で眺めています。
<ああ上野駅>の曲が流れていると気が付いて、思わずシャッターを切ったのですが・・
2
e0323465_11131721.jpg

<ああ上野駅>の歌は中学を卒業したばかりの若い人たちが
集団就職で東京へやってきた時に北の玄関口が上野駅だったわけですが、彼等の応援歌のような歌なんですね。
昭和30年代後半の高度成長時代のことです。
3
e0323465_11145614.jpg

上野駅は多くの人たちにとって、郷愁の場所だったと思います。
石川啄木のうた <ふるさとの 訛りなつかし停車場の 人混みのなかに そを聴きに行く>
は代表的ですがその他にも様々な詩歌がうたわれてきました。
4
e0323465_11163818.jpg

けれども東北新幹線が通じ、東京駅が発着所とかわりました。
上野駅も何故かオシャレなターミナル駅に変身しました。
それでも、上野駅は駅の歴史の記憶が、様々な場所で見受けられるように思えてなりません。
5
e0323465_11192596.jpg

6
e0323465_11202160.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-05-04 11:22 | 2016年の写真 | Comments(2)

雪の武蔵小金井駅

2008年1月私は実家の母の家へ向かっていました。
高齢になった母の見舞いに毎週武蔵小金井に通っていたのです。
その日はとても寒いと思っていましたが、中央線の武蔵小金井駅に付いた時には雪が本降りになっていました。
武蔵小金井駅は線路を高架にしたばかりで工事は完了しておりませんでしたから、
下り駅のホームからは、北口駅前を眺めることが出来たのでした。
1
e0323465_16241468.jpg

その一年後、母は94歳で亡くなりました。
そして昨年身内の者達と7回忌を迎えた時に、久し振りに武蔵小金井駅に下車したのですけれど、
何ともオシャレな見知らぬ駅のホームになっておりました。
e0323465_1626554.jpg
2
[PR]
by michinobe8 | 2016-01-19 16:29 | 2016年の写真 | Comments(0)

夏の名残り

e0323465_2331257.jpg

友人と江古田の駅で待ち合わせをしましたがなかなか現れません。
時間を間違えたのかもしれないと思いました。
江古田の駅は学生街で3つの大学の様々なイベントのチラシが置いてあります。
まずそれに目を通しました。
それから西武池袋線ですからね。秩父札所の案内のパンフレットも置いてあります。
今年は<午年総開帳>の年で普段は見ることが出来ない仏像を拝むことができるそうです。
大方目を通してから辺りを見回しますと、駅のホームも線路も人も、
何故か夏の名残りのような雰囲気が漂っているようにも思えます。

そういえば今日は、今が盛りなのか名残なのか、百日紅の花があちこちで零れるように咲いていました。
百日紅の花は時には妖艶に見えたりするもの・・などとぼんやり思っていましたら、
目の前に汗を拭きながら友人が立っていました。
2
e0323465_23323782.jpg

e0323465_23324178.jpg
3
[PR]
by michinobe8 | 2014-08-30 23:34 | 平成・デジタルカメラ | Comments(0)

神田駅・1960年頃

この神田駅ホームの写真はラッシュアワーです。
ホームにある時計の針を拡大してみますと8時25分を指していますからね。
1960年頃に撮影したものですが、働く人達が黙々と階段を降りて行く光景は今改めて見ますと、時は足早に過ぎて行くのを感じます。

私は戦前女学校だった公立の高校に入学しました。
すでに男女共学になっていましたけれど、女性の数の方が多かったように思います。
卒業の折(1958年)大方の女性は就職しました。

銀行へ希望する人が多かったこと、それから不思議に初任給の額を皆が話していたことを思い出します。
銀行に入社した人達の初任給が、7千円~8千円位だったこと、それから、デパートに就職した人が一番額が高く、1万円位で驚いたことなどです。

それから数年経って、クラス会で友と再会しましたら、多くの人たちが結婚して専業主婦になっていました。
その様な時代だったのでしょうね。

神田駅ホームの写真での働く女性のファッションで、現在と圧倒的に違う所があります。
暑い夏の日だったのでしょうか。袖なしの洋服を着ている人が多いですね。
通勤電車では最近、袖なしの洋服は見かけませんね。
冷房で風邪をひいてしまうかもしれませんからね。
1960年頃の神田駅
e0323465_11502696.jpg

2014年神田駅のエスカレーター
e0323465_1153423.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-08-25 11:56 | 1960年代の写真 | Comments(2)

亀戸

最近、何時もながめている風景を、初めて見たような感覚で観ることがあります。
はっとします。
今回歩いた亀戸でも、起こりました。
<かめいど>と書いた駅のプレイトを見た時、おやっ!<亀戸>という漢字の送り仮名を<かめいど>と読むのは難解です。
でも、<かめいど>という平仮名はなんと几帳面できれいな読みなのかとおもいました。
矢張り、両国、本所、深川に隣接した土地柄だからかもしれないなどと、時代小説ファンとしましては勝手に決めてしまいます。
そして、歩き出します・・・
1 かめいど
e0323465_11351180.jpg

2 亀五商店街
e0323465_1137718.jpg

3 亀戸水神
e0323465_1138499.jpg

4 東武亀戸線、亀戸駅
e0323465_11391460.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-07-31 11:41 | 平成・デジタルカメラ | Comments(2)

池袋駅で目撃した広告

この頃、探偵社の広告を街で見かけることが多くなったように思うのですが
需要が多くなったのでしょうか?
西武池袋線のホームで見かけたこの広告は、女性探偵社のようです。
e0323465_17121412.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-07-02 17:13 | 平成・デジタルカメラ | Comments(2)