あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

タグ:鐘ヶ淵 ( 4 ) タグの人気記事

大衆酒場<十一屋> 鐘ヶ淵

e0323465_23394646.jpg
久し振りに鐘ヶ淵の大衆酒場<十一屋>へ行きました。
鐘ヶ淵は池波正太郎の<剣客商売>の主人公・秋山小平衛の隠宅があった場所ということになっています。
そう思えば、なにやら<十一屋>も一層、趣が出てくるというものです。
小平衛は、おはるの舟で大川を渡り、自由自在に江戸の町を行き来するというのが素晴らしいです。
今、鐘ヶ淵はスカイツリーの見える町になりました。
e0323465_23410197.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2017-10-07 23:41 | 2017年の写真 | Comments(0)

何と言ったら・・鐘ヶ淵

e0323465_17542663.jpg

この床屋さんの前を通りますと、初めてこの道を歩いた時の事を思い出します。
何となく地味な道を歩き疲れて、ふと空を見上げると夕暮れ時に白い月が出ていました。
その月の下に見つけた床屋さんはぼんやりとして古びて、とても美しく見えました。
e0323465_17553537.jpg

八百屋さん、この八百屋さんのディスプレイは見事です。
何と言ったら・・いいのでしょう。この町は・・
[PR]
by michinobe8 | 2017-03-12 17:58 | 2017年の写真 | Comments(2)

初町歩き 鐘ヶ淵辺り・その1

今年初めての町歩きは鐘ヶ淵から東向島あたりでした。
特別な理由があったわけではなく、しばらく行っていないので町が変化したのだろうか?
いいえ、そのようなこともあるまい等と思っていたからです。
東京スカイツリーが出来て、周辺の押上や曳舟の辺りは人の動きが大幅に変わったように私には見えます。
しかし、押上の次の駅である東向島、そして鐘ヶ淵は泰然自若・・なのでしょうか。
そうだ、是非行かねばならぬ!という気持ちにもなるわけです。
1 私が好きな自転車屋さんのおじさんはもう働いていました。右手に金づちを持っています。
e0323465_14342375.jpg

2 先ほどから走り回っていることも達。「もうすぐ新学期がはじまるね」という話はやめましょう。
e0323465_14355486.jpg

3 仕事始めの人たちでしょうか??白い紙袋を持って・・陽気な声で話をしながら歩いています。
e0323465_1437280.jpg

4 立派な謹賀新年のお飾りがある<スナック野いちご>の少し先の角には数人のおばあさんが椅子に 腰かけておしゃべりです。以前通りかかった時にも、座っていたような・・
 「今日は暖かいね」とか「この飴美味しいよ」等とお互いに勧めたりしています。

e0323465_14392231.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-01-06 14:41 | 2016年の写真 | Comments(0)

鐘ヶ淵 夕暮れ時

鐘ヶ淵駅は東武伊勢崎線の浅草から4つ目、とうきょうスカイツリー駅から3つ目になります。
街の西は隅田川、東は荒川が流れている<川の街>ですね。

戦後、町工場が沢山あった影響で20数件の理容室が今でも営業を続けているということです。
と、云う風に何故か懐かしい雰囲気が残っているんです。
夕方に歩いていると、家々から生活の音が聞こえてきて<鐘ヶ淵は夕暮れ時が似合う街だ>とおもったりします。

それに、池波正太郎の<剣客商売>秋山小兵衛がお春と住まうところでもあったのですから、侮れませんね。
居酒屋が賑いを見せる
e0323465_11533839.jpg

カラフルな八百屋さん
e0323465_11565646.jpg

下校途中の子供たち
e0323465_11584553.jpg

銭湯へ行く
e0323465_1201470.jpg

理髪店
e0323465_1222168.jpg

夕方の月
e0323465_1233664.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2013-07-03 12:05 | 平成・デジタルカメラ | Comments(5)