あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

松葉町

数日前、友人と2人で江戸東京たてもの園に行きました。
気持ちよく晴れた日でしたし、彼女は吟行を兼ねて、私はカメラをぶらさげて出かけたのです。
西武池袋線の花小金井から遊歩道をしばらく歩きますと、小金井公園が見えてきます。
ソメイヨシノの季節も過ぎて八重桜と新緑に差し掛かろうとしていました。

たてもの園の一番賑やかなお店の集まっている所で一休みです。
私たちが休んでいる目の前のお店は江戸時代からの建物で居酒屋さんでした。
「私このお店には行ったことがあるのよ」と、この友人に話をしたのは何度目でしょう〈笑〉
友人は根気良く相づちを打ってくれました。
浅草と上野の丁度中間・松葉町が嫁ぎ先の家で、1,2度下谷2丁目〈その頃は坂本と言った〉にある<鍵屋さんに行ったことがあったのです。
でも、今はたてもの園内ですからね・・〈笑〉
その時「お~い!}と私に声を掛けた人がいました。
なんてびっくりしたことでしょう。生まれも育ちも上野、ちゃきちゃきの下町っ子である知人、というよりは大先輩の姿が目の前にありました。
「テクマクマヤコン昔に戻~れ!」とおまじないが効いたのでしょうか〈笑〉
急に居酒屋さんからウナギのくりから焼きを焼く煙が立ち込め、隣の銭湯にはもう一番乗りがやってきたようです。
一瞬の白昼夢をみたのです。
知人とはご挨拶をして別れ、私たちはまた歩き出しました。

  御仏の背に天女舞う花の寺 太白星
  透明の傘を彩る落花かな  太白星    注;太白星とは<宵の明星>の意です。好いお名前ですね。
たてもの園にて
e0323465_094451.jpg

2002年夏、上野、居酒屋
e0323465_010444.jpg

移動八百屋さん
e0323465_0102647.jpg

たてもの園にて
e0323465_0155714.jpg

e0323465_0104149.jpg















                   
[PR]
# by michinobe8 | 2013-04-15 00:16 | 平成・デジタルカメラ | Comments(2)

ふるさと

ドイツ在住の友達が久し振りの日本への帰国をしました。
彼女はドイツ人と結婚して、お孫さんが4人というのに若々しい女性なのです。
幼い頃からの友達である私たちはあれこれと考えました。
そして<日本の里山>をドライブするということを友達のご主人が提案してくれて、決まりです。

私は故郷と云うと何故か<朧月夜>を連想します。綺麗な歌ですね。
でもよく考えますと私の故郷は東京であり、我が家は戦争で爆撃を受けて焼け出されたのです。
そして、育った所は池袋で駅の辺りは闇市といわれたバラックが建ち並んでいました。
菜の花畑ではありませんでした。
e0323465_08172.jpg

e0323465_094582.jpg


里山をドライブしながら、もうすぐお国〈ドイツ〉へ帰国の彼女に聞いてみました。
「ドイツのお家に帰った時って、どんな気持ちになる?」
彼女は答えました「ほっとするわ!」
とても素敵な答えでした。
ドイツ、リューネブルグの旅・・1996年夏
e0323465_0105225.jpg

そして、あたりの里山の風景をゆっくりと私たちは眺め続けました。

池袋、芸術劇場前
e0323465_0125659.jpg

[PR]
# by michinobe8 | 2013-04-14 00:23 | 平成・デジタルカメラ | Comments(4)

虹の出る時

先程突然、同級生だった友人の訃報が届きました。
去年、卒業50周年という会があり、欠席のようだというその友人に電話をしてみました。
都会で生まれ育った人ですが、年をとってから筑波山の麓に居を移し畑仕事をしていたようです。
「胡瓜や茄子やトマトが沢山採れるぞ」と自慢げに言いました。

そして、今日の知らせです。
・・・
ぼんやりと空を眺めるばかりでした。

虹をみる雀
e0323465_15333458.jpg


1960年 青春の群像
e0323465_15341594.jpg

[PR]
# by michinobe8 | 2013-04-11 15:12 | 1960年代の写真 | Comments(0)

あの町 この道

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがすんでいました。
と云う言葉から昔話が始まります。
私は70歳を過ぎたころから、このおばあさんは何才だったのかしらと思うようになりました。
昔のことだから平均寿命は現在よりも短い筈ですが、絵に描かれているおばあさんは本当におばあちゃんです。

数年前からカメラをぶらさげて、あちこち歩くようになりました。
あの絵本の中のようなおばあさんがカメラをぶらさげて歩いているわけかなぁと時々笑いながら思ったりします。
すると、町の様子も気持ちに呼応するかのように見えてきたり、道もいつか来たことがあったように見えたり致します。
でも写真は思うように撮れるわけではありません。

この頃思うことは写真は時間が経つと面白いと云うことです。
矢張り撮り続けることかもしれないと思っています。

今から50年前に撮影したちょっとピンぼけの写真。場所・国分寺
e0323465_14265694.jpg

2013年の桜・・ご近所桜
e0323465_14283546.jpg

駅前の桜
e0323465_14292370.jpg

池袋、明日館の桜
e0323465_14302124.jpg

小石川植物園の桜
e0323465_1431834.jpg

埼玉県、都幾川の桜
e0323465_14321117.jpg

[PR]
# by michinobe8 | 2013-04-09 14:38 | 1960年代の写真 | Comments(10)