あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東京大学、本郷キャンバスで・・

e0323465_20583820.jpg

東京大学正門から安田講堂へまっすぐ伸びた銀杏並木は今、美しい新緑の季節です。
銀杏が大木になって、<登録有形文化財>の堂々たる<安田講堂>も入り口と時計台しかみえません。
1968年の東大紛争のあと改修された安田講堂。
季節ごとの変化が素晴らしい眺めだといつも思います。
e0323465_20593179.jpg

東京大学赤門。
加賀百万石、前田家の13代藩主が13代将軍徳川家の娘、溶姫を正室に迎えることになりました。
当時の仕来りとして、将軍家から妻を迎えるにあたって、その居住は<御守殿>と呼び
出入りする門は朱色で<御守殿門>と言ったそうです。勿論前田家が造らなければならなかったわけですね。
歴史が静かに眠っているように思えます。
e0323465_2111238.jpg

大きな銀杏の樹。確か、東大のシンボルマークは銀杏でしたね。
[PR]
by michinobe8 | 2017-04-29 21:05 | 2017年の写真 | Comments(0)

八重桜とうぐいすの鳴き声と

e0323465_11341513.jpg

ソメイヨシノが3分咲きのころ、家の近くでうぐいすの鳴き声を聴きました。
10年くらい前のことでしたか、梅の咲く頃、うぐいすの鳴き声をを聴くと、春がやって来たと思ったものでした。
それがいつの間にか鳴き声も途絶えて、忘れてしまっていたのです。
今春、久し振りのうぐいすの声は何とも嬉しいことでした。
でも、例年とちょっと違うことがあります。
<梅にうぐいす>ではなくて<さくらにうぐいす>とになってしまっています。
e0323465_15383816.jpg

そしてソメイヨシノのさくらも散って、鮮やかな八重桜が咲き始めると
うぐいすの鳴き声は益々上手になり、ケキョ、ケキョ・・ホ~ホケキョ・・と
谷渡りを聞かせてくれるまでになりました。
[PR]
by michinobe8 | 2017-04-22 15:47 | 2017年の写真 | Comments(0)

銀座4丁目は初夏の陽射し

e0323465_18464368.jpg

午前中、友人との待ち合わせでメトロ・銀座駅から4丁目の交差点に出ると
強い陽射しに驚きました。
昨日まで、まださくらの季節かと思っていましたのに、一足飛びに初夏の雰囲気です。
それでも、最近のきな臭い世界情勢を忘れるような明るさで、ほっとしながら待ち合わせ場所に向かいました。
e0323465_18472826.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2017-04-16 18:48 | 2017年の写真 | Comments(0)

庭園美術館の静寂

e0323465_1422761.jpg

庭園美術館に並河康之七宝展を観に行きました。
入り口を入ると満開の桜の中にアール・デコ様式の建築が現れるのは誠にドキドキするものがありました。
そしてその建物の中で七宝展を観ることが出来たのは贅沢なことでした。
e0323465_1435721.jpg

ところで美術館は4月10日から11月中旬まで休館になるそうです。
今、私は休館になった庭園美術館のことを考えています。
エレベーターを設置するためだそうで、美術館に人影が無くなるという事ではないのですけれど、
静寂のなかに旧朝香宮邸の時代にタイムスリップするのでは・・などと想像するのは楽しいことです。
満開の桜に酔ったのかもしれません。
e0323465_1444354.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2017-04-11 14:07 | 2017年の写真 | Comments(0)

石神井川の桜並木

e0323465_20151159.jpg

丁度、練馬高野台駅あたりを流れる石神井川の桜並木は
満開になったかしらと思いながら訪ねてみました。
さくらの樹によってまちまちではありますが、恐らく3分咲きになったのかなと思う程度でした。
それでも、川べりは賑わっていました。
そして石神井川では、鷺が一羽、悠々と歩いていました。
e0323465_20472037.jpg

人がゆっくり散策できる並木道のわきにクルマの走る通りが平行してあるのですが、
そこに、ずらりと駐車しているのは全て高齢者介護施設の車でした。
e0323465_2016025.jpg

桜の向こうに黄色い西武線の電車が見えます。
[PR]
by michinobe8 | 2017-04-04 20:51 | 2017年の写真 | Comments(0)