あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

おみくじ<浅草観音さまにて>

e0323465_1143727.jpg

浅草寺のおみくじの場所はいつも混雑しています。
この頃外国人客が圧倒的に多いように思いますが、
そして私の感想なのではありますけれど、以前より何故か楽しそうな雰囲気を感じるのです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦 を楽しむのが上手な外国人観光客ですね。
e0323465_1151310.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-04-29 11:06 | 2016年の写真 | Comments(2)

こどもの情景<保育園児の散歩>

e0323465_20583883.jpg

お天気の良い日の午前中に外を歩いていますと、保育園児の散歩の姿をしばしば見かけます。
皆お揃いの日よけの帽子をかぶって、大きな乳母車に乗っている子、歩いている子。
先生たちはお散歩させるのがとても上手。

今日私は、台東区鳥越方面を散策していましたが、保育園児の散歩もさすがに下町。
町の中をしっかりと歩いていました。
横断歩道を先生は手を上げて、子供たちはロープにつかまって1,2、3、4・・・
まるで電車ごっこをしているようですね。
2
e0323465_2141048.jpg

3
e0323465_2145344.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-04-26 21:07 | 2016年の写真 | Comments(0)

こどもの情景(トム・ソーヤを思う>

e0323465_22413420.jpg

上野公園

トム・ソーヤが大事にしている物とか、
誰かと物を交換する時はどのような物であったか思い出してみましょう。
真鋳のドアの取っ手、抜けた歯、オタマジャクシ2匹、かんしゃく玉6個、それに<初物ののみ>
それから<ひもで結わいたネズミの死骸( ゚Д゚)これくらいで止めておきましょう。
国によって個性は違いましょうが、男の子のいたずらには驚きます。
女の子はそれをおませな顔ををして眺めていたりするのです。
2池上
e0323465_2244558.jpg

3新小岩
e0323465_2246159.jpg

4
e0323465_22463744.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-04-24 22:48 | 2016年の写真 | Comments(2)

こどもの情景・<電車通学のこと>

e0323465_10433035.jpg

私が小学生の頃、それは戦後まもなくのことでしたが、電車通学をしている人がなにやら眩しく感じました。
なんと言っても定期券をポケットに入れたり、首からぶらさげたりしているのが羨ましく思われました。
でもそう思っただけでして、大人になってから友人たちと思い出話に興じていますと
ビックリするような話が返ってきたのです。

私はそのころ池袋に住んでいました。駅の周辺は闇市がひろがっていたころです。
西武池袋線(そのころは武蔵野線と言っていました)で通学していた、チョーまじめな女の子は、学校帰りに<泣き売>を
しゃがみこんで、長いこと見ていたそうですよ。<泣き売・なきばい>ってわかりますか?

それから、東武東上線の常盤台から通学していた、可愛らしかった男の子は、
朝のものすごいラッシュで戸惑っていると、運転手さんが時々運転室に乗せてくれたそうです。
今では考えられないことですね。
e0323465_10444299.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-04-22 10:46 | 2016年の写真 | Comments(0)

八重桜は咲いたけれど

e0323465_101772.jpg

毎年この時期、見事に咲く八重桜の家を見に行っても何だか心が落ち着きません。
未だ揺れが続く熊本の地震のことを思うからです。
e0323465_15551411.jpg

日本列島に住んでいる人たちは皆、自然に対して今までになく恐れを抱き
早く揺れが収まることを願っているに違いありません。
心からお見舞い申し上げます。
3母子草
e0323465_15563890.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-04-19 16:01 | 2016年の写真 | Comments(2)

垣根越しの春

e0323465_2043273.jpg
ソメイヨシノの花が舞い散って何となく落ち着いた気分で道を歩いていますと
垣根越しに可愛らしい春がお目見えします。
というよりそのことに気が付くわけですね。
中野区の上鷺宮地区はかつて中野区のチベットと言われたこともあり、
梅林が広がっていた時期もありました。
今はすっかり様子も違ってしまいましたけれど、
垣根越しにこのような春を発見することもあるのです
e0323465_20441461.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-04-13 20:48 | 2016年の写真 | Comments(0)

春宵

e0323465_17231097.jpg

春の宵は気の合う友人達と話をしたくなります。
硝子戸は開けてみましょう。
まだ虫は飛び込んで来ませんし、
少し寒くなったら、炭火で珈琲を入れるのも悪くはありません。
それから<春宵夜話>はまだ続くのです。。
2
e0323465_1724029.jpg

3
e0323465_17244516.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-04-10 17:26 | 2016年の写真 | Comments(2)

e0323465_22582051.jpg

春のうららの隅田川
のぼりくだりの舟人が 
櫂のしずくも花と散る
眺めをを何にたとうべき
e0323465_22593472.jpg

浅草側の土手、そして向島の土手の桜は微妙に雰囲気が違います。
花の季節、船の行き交う様子を眺めるのは気持ちの好いものです。
今年は外国人観光客が増えました。
様々な国の人たちが争い事も無く花を眺めるのですからね。
嬉しいではありませんか。
e0323465_2303031.jpg

4
e0323465_231165.jpg

5
e0323465_2315568.jpg

6
e0323465_2323820.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-04-01 23:02 | 2016年の写真 | Comments(2)