あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

北千住の月

北千住西口駅前広場から見た月は満月でした。
寒い季節ですから、広場のベンチに座っている人はいませんでしたが、
忙しそうに沢山の人たちが駅を行き来しています。
e0323465_1153635.jpg

2
e0323465_11545161.jpg

1月15日頃、北千住の柳原稲荷神社で見た月は青い空に白くかかっていました。
<大根の月>と思わず思いました。
向田邦子さん<思い出トランプ>の中の短編に<大根の月>というのがあります。
「あの月、大根みたいじゃない?切り損なった薄切りの大根」という言葉通りのお月さまです。
同じお月さまなのに時や場面によって様々な姿を見せる、此処は<北千住の月>でした。
3
e0323465_11553649.jpg

4
e0323465_11561926.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-01-30 11:57 | 2016年の写真 | Comments(2)

巣鴨地蔵通りは旧中仙道

初地蔵の日、巣鴨のとげぬき地蔵の通りは大変な人出で賑わいました。
ところで、この地蔵通りは旧中仙道なのですね。
とげぬき地蔵のある高岩寺を通り過ぎしばらく歩いて行きますと、
交差点があり、角に<猿田彦大神庚申堂>があります。
入り口には狛犬さんの代わりに、猿が右と左に座っています。
台座には<見ざる聞かざる言わざる>の像も彫ってあります。
中仙道を旅行く人たちが、きっとお参りして行ったことでしょう。道祖神でしょうね。
近くには行き倒れの馬や人のための墓地もあったそうで、この少し先には延命地蔵もあるのです。
昔の人の旅は命がけだったということでしょうね。
1
e0323465_2357421.jpg

2
e0323465_23582070.jpg

3
e0323465_23585677.jpg

4
e0323465_00181.jpg

5
e0323465_003434.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-01-26 00:02 | 2016年の写真 | Comments(3)

雪の武蔵小金井駅

2008年1月私は実家の母の家へ向かっていました。
高齢になった母の見舞いに毎週武蔵小金井に通っていたのです。
その日はとても寒いと思っていましたが、中央線の武蔵小金井駅に付いた時には雪が本降りになっていました。
武蔵小金井駅は線路を高架にしたばかりで工事は完了しておりませんでしたから、
下り駅のホームからは、北口駅前を眺めることが出来たのでした。
1
e0323465_16241468.jpg

その一年後、母は94歳で亡くなりました。
そして昨年身内の者達と7回忌を迎えた時に、久し振りに武蔵小金井駅に下車したのですけれど、
何ともオシャレな見知らぬ駅のホームになっておりました。
e0323465_1626554.jpg
2
[PR]
by michinobe8 | 2016-01-19 16:29 | 2016年の写真 | Comments(0)

タイムスリップ

5年くらい前の映画ではありますが、
ウッディ・アレン監督の<ミッドナイト・イン・パリ>という映画は愉快でした。
パリの町で時計の鐘が12時を打つと、主人公の男性が芸術の花開く1920年代にタイムスリップして、コールポーターやフイッツジュラルド、アーネスト・ヘミングウエ等がいる世界に行ってしまうのです。

ある日の夜、このカメラやさんのウインドウを眺めていましたら、ふっとその映画を思い出しました。
ウインドウのカメラがクラッシックだったからでしょう。
このまま、タイムスリップして、キャパやブレッソンや、エルスケンを垣間見ることが出来たら
ステキでしょうね。無理かな??
e0323465_23222551.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-01-16 23:25 | 2016年の写真 | Comments(0)

千客万来・浅草

2016年が明けての浅草は矢張り千客万来です。
元来でしたら成人式の頃はひたすら若いお嬢さん方の着物姿で満載でしたが、最近は何となく様子が違います。
もう少しラフに外国人(特に中国人〉が、レンタルの和服で散策を楽しんでいます。
上手に着こなしていて、驚きます。
男性も、ちいさな女の子も、勢ぞろいで着物を着て歩いている姿は、
言葉を聞かなければ日本人の家族かなと思ってしまったほどです。
日本各地が近年。外国人観光客で雰囲気ががらりと変わったとテレビのニュースで報じられていますが、観光客ばかりでなく、東京の変化の速度はよくも悪くも凄まじい勢いに感じられます。
それにしても、仲見世で大好きな<おせんべいやさん>の味は以前と変わらないのですけれどね。
e0323465_10544691.jpg

2
e0323465_10555595.jpg

3
e0323465_10565312.jpg

4焼き芋屋さんの文字も多国籍
e0323465_110018.jpg

5 人力車、二天門にて
e0323465_116537.jpg

6 台東区民館から見えた浅草寺、五重塔
e0323465_1185144.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-01-11 11:11 | 2016年の写真 | Comments(2)

鐘ヶ淵、その2<夏みかんの木>

東武伊勢崎線、今は東武スカイツリーラインとも言います。
そして、鐘ヶ淵駅辺りの町名は墨田というわけですが、墨田の町には三叉路が多いと私は思っています。
10年位前だったでしょうか、東武伊勢崎線沿いで出会った三叉路には夏みかんの木が立っていました。
あれから10年も経ってしまったのかと、少し気がかりながら、
もう一度撮影したいものだと思い、足を向けました。
なんと、その気がかりが当たってしまい、夏みかんの木はさっぱりと無くなっておりました。。
そして、そこには不法投棄禁止の貼り紙が貼ってありました。
1
e0323465_0303741.jpg

2
e0323465_0311137.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-01-09 00:32 | 2016年の写真 | Comments(2)

初町歩き 鐘ヶ淵辺り・その1

今年初めての町歩きは鐘ヶ淵から東向島あたりでした。
特別な理由があったわけではなく、しばらく行っていないので町が変化したのだろうか?
いいえ、そのようなこともあるまい等と思っていたからです。
東京スカイツリーが出来て、周辺の押上や曳舟の辺りは人の動きが大幅に変わったように私には見えます。
しかし、押上の次の駅である東向島、そして鐘ヶ淵は泰然自若・・なのでしょうか。
そうだ、是非行かねばならぬ!という気持ちにもなるわけです。
1 私が好きな自転車屋さんのおじさんはもう働いていました。右手に金づちを持っています。
e0323465_14342375.jpg

2 先ほどから走り回っていることも達。「もうすぐ新学期がはじまるね」という話はやめましょう。
e0323465_14355486.jpg

3 仕事始めの人たちでしょうか??白い紙袋を持って・・陽気な声で話をしながら歩いています。
e0323465_1437280.jpg

4 立派な謹賀新年のお飾りがある<スナック野いちご>の少し先の角には数人のおばあさんが椅子に 腰かけておしゃべりです。以前通りかかった時にも、座っていたような・・
 「今日は暖かいね」とか「この飴美味しいよ」等とお互いに勧めたりしています。

e0323465_14392231.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-01-06 14:41 | 2016年の写真 | Comments(0)

初夢

<初夢>はまだ見ていないのですけれどね、
写真を撮ること共にスケッチも出来たらいいなと思います。
ほんのいたずらがきでも好いのですよ。

元日の今日、初参りに行きました。
おみくじを引きましたら歌が書かれてあって気に入りました。

吹く風に 沖辺の波の 高けれど 心静けき 我が港かな
e0323465_1845898.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2016-01-01 18:05 | Comments(4)