あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ちょっと嬉しい屋号の店

三渓園の中に<待春軒>という食事処があります。
そこで、食事をしたりお茶を飲んだりいたします。
ところで、このお店の名前はステキだと思いませんか?
ちょっと嬉しい気持ちになってしまいます。
e0323465_21474477.jpg

浅草、<並木の藪蕎麦>という屋号の付いた看板は好いですね。
難しい字が何とも嬉しいです。
e0323465_21484236.jpg

浅草、観音裏の<弁天>の暖簾を眺めるのも好きなことの一つです。
e0323465_2150144.jpg

<ゑちごやさん>という和菓子屋さん。ゑという字が嬉しいではありませんか。
e0323465_21513088.jpg

両国駅近くにある<下総屋食堂>という名のお店も何とも言えず嬉しいです。
両国から汽車に乗って海へ出かけた時のことを思い浮かべるのですが、行った先は<上総>だったように思います。
e0323465_21522839.jpg

鎌倉、極楽寺坂下の<力餅家>さん。
この歴史ある和菓子屋さんの屋号は見事です。
e0323465_21533981.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-12-22 21:56 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)

とびだし注意!

町を歩いていると<とびだし注意!>という立札をよく見かけます。
確かに子どもが飛び出しそうなところに立て掛けてあります。
この頃、その絵が気になるようになりました。
そして気が付くとカメラのシャッターを切っているのです。
心なしか土地柄が現れていないかしらと思ってみたりします。
そしてよく見るとそれぞれの子供たちの姿は、なかなかに面白いのです。
1横浜
e0323465_22133575.jpg

2 福生
e0323465_2214599.jpg

3 渋谷区
e0323465_22143450.jpg

4 練馬区
e0323465_2215834.jpg

5 江戸川区、一之江
e0323465_22153735.jpg

6 江戸川区、篠崎
e0323465_22161910.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-12-15 22:26 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)

芭蕉さんのことなど

e0323465_10544667.jpg

浅草でたまたま、シャッターの改装工事を眺めた事があります。
作業する4人の人たちがシャッターの方向に向かって立ち並び
横巾がシャッターと同じサイズの蛇腹のような物を4人で、一気に貼り付けていったのです。
あっという間に<競馬馬の姿>がシャッターに浮かび上がりました。
成程、このようにしてカラー写真がシャッターに貼り付いたわけです。
e0323465_10563315.jpg

ところで私は、千住大橋の護岸・コンクリートの壁絵のことを思い出していました。
松尾芭蕉<奥の細道、旅立ちの>の場所であり、
与謝蕪村の画いた芭蕉と門人・曾良旅立ちの図なのですが、どうやって画いたのかと常々不思議に思っていたのです。
でも、浅草のシャッター改装を見たからといって、千住の壁絵の謎が解けたわけではありませんよ。

それに、<奥の細道>に旅立った芭蕉は当時46歳だったということです。
蕪村の絵から当時のの芭蕉の姿を想像する事も、この頃ますます難しく思えて仕方ありません。
[PR]
by michinobe8 | 2015-12-08 11:00 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)

蔦紅葉

かなり古くなり崩れ落ちそうになった家に蔦が絡みます。
そして紅葉し、朽ち果てそうな家がかえって美しく装うのに驚きます。
e0323465_20493440.jpg

大学の構内を歩いていますと、コンクリートの校舎に絡んだ蔦紅葉を目にすることがあります。
私は何故か、何の脈絡もなく宮沢賢治の詩の中の言葉を思い出します。
8(エイト)ɤ(ガンマ)e(イー)6(シックス)α(アルファ)
ことにもアラベスクの飾り文字
e0323465_20501764.jpg

此処は暗闇坂
暗闇坂という名前の坂道は東京に12か所あるのですって。
江戸時代にはきっと暗い坂道だったのでしょう。
今、暗闇坂という名前が相応しく感じられる風情は残っているでしょうか?
e0323465_20512430.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-12-02 20:52 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)