あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お地蔵さん

長閑な道であったり、お寺の中であったりと、
いろいろな場所でお地蔵さんに出会ったりしますと
心の中で「お地蔵さんこんにちわ」とご挨拶してから手を合わせます。
「子供たちにとって健やかな日々でありますように」
秋はお地蔵さんの帽子とよだれ掛けの赤い色が一層映える季節です。
1 あきる野市
e0323465_2111124.jpg

2
e0323465_21134031.jpg

3 横瀬 
e0323465_21151546.jpg

4 藤沢・雨に濡れた遊行寺の六地蔵
e0323465_21174698.jpg

5 上野
e0323465_21184975.jpg

6 上野、寛永寺の六地蔵
e0323465_212085.jpg

7 文京区小日向町、藤寺
e0323465_21214039.jpg

8 巣鴨、高岩寺はとげぬき地蔵で有名なお寺ですが、この写真のお地蔵さんではありません。柄杓でお水をかけ、たわしで洗っている老若男女の姿が見えたら、そのお地蔵さんが<とげぬき地蔵>です。
e0323465_21243871.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-09-30 21:27 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)

街の古本屋さん

街を歩いていて、思わぬところに古本屋さんを見つけ、そしてしっくり来たりすると
その日は吉日ですね。
1 下高井戸
e0323465_2137238.jpg

2 吉祥寺
e0323465_2137543.jpg

3 本郷
e0323465_21393091.jpg

4 書棚、本郷
e0323465_21402058.jpg

5 立ち読み、大井町
e0323465_21413941.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-09-26 21:43 | 2015年デジタル写真 | Comments(0)

小話に「隣の家に囲いが出来たんだってな」「へえ(塀)」というのがありますが、
最近のバージョンは「隣の家に囲いが出来たんだってな」「かっこいー(囲い)」もあるそうです。

東京近隣だけでも、気を付けて見ていると様々な塀を見つけることが出来るものです。
1 秩父
e0323465_2133344.jpg

2 秩父
e0323465_21342251.jpg

3 鎌倉
e0323465_21352295.jpg

4 杉並
e0323465_21361471.jpg

5 本郷
e0323465_2137618.jpg

6 葛飾区四つ木
e0323465_21385225.jpg

7 谷中築地塀
e0323465_21402199.jpg

8 根津
e0323465_21423122.jpg

9 本郷
e0323465_2143081.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-09-20 21:44 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)

家の出入り口

門、戸、扉、ドア。
家の出入り口と言っても色々です。住む人を想像したくなるような出入り口。
なかなか見つかるものでもありません。
1
e0323465_15155885.jpg

2
e0323465_1517261.jpg

3 荒川区
e0323465_1518930.jpg

4 杉並区
e0323465_15191155.jpg

5 鎌倉
e0323465_15202236.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-09-16 15:22 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)

麻布の坂道

e0323465_12593734.jpg

麻布永坂には私の実家の菩提寺がありました。
でも、都心環状線が走ることになって、武蔵野の地に引っ越ししたのでした。
麻布永坂町の古地図をたまたま見ることがあったのですが。
その菩提寺の名前がしっかりと書いてあったのを発見し(江戸時代なのですけれどね〉妙に近しく感じました。
ところで、先日歩きましたのは麻布の坂道です。
取りあえずユーモラスな親しみを感じた元麻布にある急坂<狸坂>へ行きます。
立札には”人をばかす狸が出没した”と書いてありました。
2 狸坂を上り切ったところには<ばかされムード>になっている人間にとって何故か魅かれる家の窓。
e0323465_1304364.jpg

3 そして小さな裏口
e0323465_1312499.jpg

それらを通り抜けますと麻布、名坂のスクランブル地点になります。つまり坂の十字路です。
右手のなだらかな坂道は<一本松坂>
左折すると樹木が暗いほど茂っている<暗闇坂>
かなり急な坂でおまけに蛇行しています。下る時の右手はオーストリア大使館。左手は石垣の上は樹木がおおい茂っているのですが
古地図を見ますとこの地は<増上寺、隠居>とまたまた大変なことが書いてあるのでした。
4 暗闇坂
e0323465_1382035.jpg

再び暗闇坂上に戻って左折すると<大黒坂>を下ることになります。この坂道の中腹に大黒天を祀った大法寺という寺があります。
つまり、<大黒坂>という名前の由来と推測できますね、
e0323465_13101166.jpg

大法寺を少し下ると右手にほそくて静かなコンクリートの坂道がみえます。
その先には空色のお寺の屋根も・・<賢崇寺>です。
肥前佐賀藩、鍋島家の江戸における菩提寺なのです。
e0323465_13111554.jpg

賢崇寺を大黒坂から眺めた後さらに下って麻布十番の賑やかな通りにたどり着くことになります。
e0323465_1312308.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-09-08 13:16 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)

ベンチ

秋の日に公園で心地よさそうなベンチを見つけたら、そこで少し休むことにしましょう。
ベンチで一休みの光景はなかなか好いものです。
本を読んでいる様子も好いですね。
実は、だぁれもいないベンチ。
それでも、何ともいい景色です。
1 東京
e0323465_14465481.jpg

2 安曇野
e0323465_14482083.jpg

3 多摩、椿の季節に
e0323465_14504497.jpg

4 カラスノエンドウが咲いている
e0323465_14515163.jpg

5 旭川
e0323465_14524032.jpg

6 雨上がりの横浜、山下公園
e0323465_1454624.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-09-02 14:55 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)