あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こどもの思うことは・・

時々こどもは面白いことをしています。
と思うのですけれど、
もしかしたら私もこどもの時は大まじめに奇妙なことをしていたのかもしれませんが。
1足立区
e0323465_21402327.jpg

2秋葉原
e0323465_21414957.jpg

3向島
e0323465_21435595.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-05-29 21:45 | 2015年デジタル写真 | Comments(0)

江古田について

江古田北口・駅前の浅間神社は、二本の欅が大樹でまさに鎮守の森と言えるでしょう。
お参りする前に手を洗う手水舎(ちょうずや)、そこに女性の帽子と日傘が行儀良く置いてありました。
神社は人影が少なく、女性がひとり本殿で拝んでいる様子です。
e0323465_1638662.jpg

私はこの神社にある富士塚を見たいと思っていたのでした。
この江古田浅間神社の富士塚は国の有形重要民俗文化財と言われるだけあって、
柵の外から眺めるたけでもただならぬものを私は感じてしまうのです。
天狗や猿の鬼神石像が何合目かにあるはずです。
江戸の昔から富士山信仰がこのような形であったということは興味深いことです。
e0323465_1639962.jpg

私は学生時代、江古田に通学していましたが、学校はもちろんのこと、辺りが開発されて
その頃を思い出す所はもしかしたら、この神社だけしか無いのでは、と思いましたら
自分が歴史上の人物になってしまったような奇妙な気持ちになってしまいました。
e0323465_16393363.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-05-22 16:43 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)

<カフェきんもくせい>及び椎名町の話

<カフェきんもくせい>が開店したのは2013年のバラが咲く頃でした。
このブログに登場するのは3度目です。
一度は開店時のばらの季節。それからカフェ前の公園(千早フラワーパーク)のきんもくせいが薫る頃。
美味しい珈琲と四季折々の花を楽しむことができるカフェなのです。
e0323465_1622151.jpg

2
e0323465_16225743.jpg

3
e0323465_16243683.jpg

4
e0323465_16251310.jpg

<カフェきんもくせい>へのアクセスは東京メトロ・要町駅からと椎名町北口駅からなのですが、
私はもっぱら椎名町北口からの道を歩きます。
北口の階段を降りた所に<アトリエ村周辺紹介地図>という大きなパネルが貼ってあります。
赤い星印は<カフェきんもくせい>ですよ。
池袋モンパルナスの話はご存知でしょうか??
この地図を探検してみるのも一興かもしれません。
でも、今日は<カフェきんもくせい>への道のりをスナップしてみました。
       住所 豊島区千早1-6-9
5
e0323465_1632173.jpg

6
e0323465_16414059.jpg

7
e0323465_16344071.jpg

8
e0323465_16351662.jpg

  
[PR]
by michinobe8 | 2015-05-15 16:44 | 2015年デジタル写真 | Comments(0)

神田祭

神田祭がはじまりました。
遷座400年ということでテレビでも宣伝され、その上今日は日曜日ですから、混むに違いありません。
でもこの五月晴れ、一寸覗いてみましょう。
神田祭は108町会という驚くような広い地域でと、私は思っていますが・・
神田は勿論、日本橋、秋葉原、大手町、丸の内、旧神田市場、築地魚市場など・・凄いではありませんか。
とても混みましたから、今日は周辺を歩いて雰囲気を感じることにいたしましたが、
江戸を代表する祭りとしてそれぞれの町会が好ましく印象に残った一日でした。
1神田明神前の甘酒屋さん
e0323465_22485690.jpg

2須田町のこども神輿を先導
e0323465_22501463.jpg

3秋葉原で
e0323465_2251355.jpg

4ニコライ堂の前を行くこども神輿
e0323465_22522113.jpg

5小川町を行く神輿
e0323465_22531910.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-05-10 22:55 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)

私鉄沿線、青春時代

e0323465_1516927.jpg

京成本線のお花茶屋駅前にいた時の話です。
駅の改札口から女子高生2人が楽しそうに現れました。
すると急に辺りが明るくなったような感じになったのです。
その時、自転車に乗った男子高校生が私の目の前を通り過ぎました。
一瞬、男子高校生は女子高生をチラッと垣間見ましたが
そのまま自転車の速度はゆるめず、電車が通り過ぎた踏切を渡って行きました。
何とも眩しい光景でした。
e0323465_12364164.jpg

京王相模原線に<京王堀之内>という駅があります。
駅前にはガウディらしき階段があるユニーくな多摩地区です。
その駅前にたたずんでいる高校生2人。
思わず森田公一の<青春時代>の歌のフレーズを思い出しました。阿久悠さんの歌詞でした。

”青春時代が夢なんてあとからほのぼの思うもの
 青春時代の真ん中は胸にとげ刺すことばかり”
[PR]
by michinobe8 | 2015-05-06 12:38 | 2015年デジタル写真 | Comments(2)

鯉のぼり

e0323465_1633213.jpg

浅草・浅草寺の甍と青空を背景に鯉のぼりが泳いでいます。
<日本人の感性は面白い>と鯉のぼりを見るたびに思うのですが。
e0323465_1633521.jpg

広重の<名所江戸百景>の中で端午の節句の日を画いたものがあります。
場所は水道橋駿河台。真ん中に真鯉が勇壮に泳いでいます。背景は高台より見た駿河台の家々です。
江戸時代の鯉のぼりは真鯉だけが泳いでいたのでしょうか。
これも何とも迫力を感じます。
3千駄ヶ谷
e0323465_1637357.jpg

都会ではビルが建ち並び鯉のぼりを個人の家で泳がせるのが難しい時代になりました。
千駄ヶ谷で見かけた母と子の姿。お母さんの持っているのは・・
これは鯉のぼりの吹き流しですね。
幼稚園でこの男の子が作ったのに違いありません。
4西武沿線、車窓
e0323465_16411019.jpg

やねよりたかいこいのぼり
おおきいまごいはおとうさん
ちいさいひごいはこどもたち
おもしろそうにおよいでる 

ところで、浅草寺の鯉のぼりは小さいひごいの姿を見かけませんでした。
もしかしたら、田舎のおじいちゃんの家に遊びに行っているのかもしれません。  
e0323465_16422661.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2015-05-02 16:43 | 2015年デジタル写真 | Comments(3)