あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

路地の雨

今年の過激な梅雨時の雨は出来るだけ避けることにして、小ぬか雨の向島を歩きました。
地下鉄押上駅から地上に出た所には<この出入口は海抜0m>と書いてあり、東京スカイツリーが梅雨空に煙っていました。
心の中でスカイツリーは634mだから海抜は何メートルなのかなと思ったりしました。
この辺りは振り返って仰ぎ見ると必ずスカイツリーが見えます。
この影響で曳舟の駅付近は高層マンションが建ち、
住む人達の雰囲気も変わったのだろうかと思いましたが・・
大通りを避けて歩きやすい道に入ると
やはりこの町らしい光景に出合いほっとしている自分に気が付き
笑ったりしながらの雨の径でした。
1
e0323465_13583154.jpg

2
e0323465_1425992.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-06-30 14:05 | 平成・デジタルカメラ | Comments(2)

戦前の東京風景

父が撮った写真の中で最近になってこのようなものもあったのかと気が付いた数枚がありました。
そのなかで、ネガサイズが6x9の写真の一枚です。
場所は東京の、お堀<皇居>のあたりだけしかわかりません。
父は明治生まれでしたから、この写真の事を聞くことが出来る知り合いが皆他界してしまい大変残念に思っています。
それにしても戦前(昭和10年代)の東京の風景、人、特に子供たちが、
画面から動き出すような心地がします。
お堀には鯉が泳いでいるのでしょうか?
下駄を履いている男性は清潔そう!
子供たちの姿はあの時代の本で見る挿絵のようです。
この後、太平洋戦争という暗い時代に突入するとは・・私は開戦の年に誕生したのです。
e0323465_10211387.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-06-27 10:22 | 父の撮った写真 | Comments(2)

蝶の道行

昨日は三鷹で驚くほどの雹(ひょう)が降ったということです。
私はあの時間、所用で椎名町の友人のお宅に伺っていました。
まだ2時をまわったころだと云うのに辺りは夕方のように暗くなり、雨が降っていました。
雷が遠くで鳴っていて、私は「この雷は多摩の方かもしれない」と思っていました。
よく手入れがされている庭をガラス越しに見ながら、そろそろおいとましなければと思いました。
その時、黄色い蝶々がひらひらと庭を横切りました。
雨のなかです。
私はその友人と以前秩父に行ったことがあります。
その時にひらひら飛ぶ2匹の(超の数え方は<頭>というそうですが)をスナップしたことがあります。
”蝶の道行”だわね。と冗談を言って笑ったことも、妙にはっきりと思い出したのです。
1 蝶
e0323465_1018563.jpg

2 tow shot
e0323465_1019366.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-06-25 10:21 | 平成・デジタルカメラ | Comments(0)

居心地の好い町

<中央線>という歌が映画の中で流れてきたことがありました。
私は中央線沿線に住んだことがあるものですから、思わず聞き耳をたてたわけですが・・
どうも様子が違うようです。
映画は<草原の椅子>というもので<中央線>の曲を歌っているのは矢野顕子さんでした。
歌詞のなかに「今頃君は居心地の好い町を見つけて猫と暮らしているんだね」という部分がありました。
別にそのことをこだわらなくてもよいのです。
けれども、私は<居心地の好い町>という言葉を時々思い出すことがあるのです。
e0323465_15124923.jpg

2
e0323465_15133955.jpg

3
e0323465_15142264.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-06-22 15:16 | 平成・デジタルカメラ | Comments(0)

嫌われ者と言われていますが・・

小名木川で私が撮った鵜の写真を見ながら、釣り好きの友人は「天敵なんですよ。鵜は!」と言いました。
日頃、鵜という鳥を近しく見ることが少ない私にとって、何で天敵なのかピンと来ませんでした。
鮎等の魚を根こそぎ食べてしまうそうですよ。
釣り人としては確かに<天敵>ですよね。
私は谷津で撮った鵜などは美しいとさえ思っていたのですからね・・
1 谷津
e0323465_152770.jpg

2 小名木川
e0323465_154955.jpg

柴又近くの河川敷。シロツメクサの土手をカラスが歩いていました。
以前タンポポを食べているカラスを見たことがあります。
ゴミ置き場を散らかし、猫と争っているカラスと同じには見えない長閑さです。
3 柴又
e0323465_1552988.jpg

小金井公園で写真を撮っていましたら、一羽のカラスがいかにも「撮ってくださいな」という素振りで
たたずんでいたのです。
私は「わかったわ」と小さい声で言ってシャッターを切りました。
それから、知らないふりして遠ざかりました。
何だか怖いという気持ちもありましたからね。
e0323465_1564941.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-06-19 15:09 | 平成・デジタルカメラ | Comments(0)

金魚すくい

<江戸の祭りは下谷から>と江戸の昔から言われていたそうですが、
下谷神社の祭礼が始まる5月から東京では様々な町内で次々とお祭りが続きます。
そしてお祭りには付きものの縁日。
その花形の一つは<金魚すくい>でしょう。
私は、あの虫眼鏡のような形の<すくい枠>にレンズではなくて紙を貼って
金魚をすくおうというのですからこんなにも面白いことはないと思っておりました。
一体誰があのような事を考えたのでしょうね。
初めて<金魚すくい>をやった時に、すくい枠(専門用語では”ポイ”というそうですよ)を
水にそおっと入れて金魚を注意深くすくおうとしたのにもかかわらず、紙が破けてしまった時の、あのショックは忘れられません・
それにしましても、子供でも名人がいますね。
ボールを浮かせてそこに何匹も軽く入れて行く子、紙が少々破れてもめげずに続けてすくい上げる子。
素晴らしい技ですね。
1 浅草
e0323465_10555441.jpg

2
e0323465_10565247.jpg

3
e0323465_10581898.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-06-16 11:00 | 平成・デジタルカメラ | Comments(0)

西武新宿線・下井草駅にて

待ち合わせの場面、拝見!
e0323465_22301357.jpg

空模様
e0323465_22315210.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-06-14 22:32 | 平成・デジタルカメラ | Comments(2)

東京駅丸の内南口 散策30分

e0323465_11383588.jpg

友達とAM10:30に待ち合わせをした東京駅丸の内南口。
早めに行くことにして、30分ばかりあたりを散策してみました。
駅の辺りは修学旅行の生徒たちや外国人観光客が目立ちます。
時間帯によって駅の雰囲気も違うものだと改めて思います。
e0323465_1139127.jpg

丸の内はビジネス街というより、オシャレな街になったとこれも又思うことです。
e0323465_11405619.jpg

<はとバス>が溜まっている場所があります。
ここはちょっと気になる所です。
東京観光のメニューがバラエティーにとんでいて面白いですね。
e0323465_11421168.jpg

停留所に沿って電車の線路下にはオシャレな丸の内とは一味違ったお店が数件あります。
ランチメニューに<牛筋煮込みカレー800円>と書いてあり、思わず食欲をそそりますね。
これで30分は過ぎ、あちらで友人が笑いながら手を振っているのが見えました。
e0323465_11435370.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-06-12 11:46 | 平成・デジタルカメラ | Comments(0)

梅雨空の中

思い立って上野の都美術館に<バルテュス展>を観に行きました。
私にしては珍しくじっくりと時間をかけて観てしまったようで、しとしと降っていた雨が上がったようです。
上野の山は梅雨空にもかかわらず、人は三々五々歩いていました。
快晴の日とは一味違う上野公園に見えます。
展覧会の余韻も加わったのかもしれませんね。
1 バルテュス展
e0323465_22104342.jpg

2 公園内の遊園地
e0323465_22113216.jpg

4 西郷さんとデイゴの木
e0323465_2212396.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-06-09 16:40 | 平成・デジタルカメラ | Comments(0)

雨の景色

東京駅 雨中傘をさしいそぐ人々
e0323465_20415884.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-06-07 20:46 | 平成・デジタルカメラ | Comments(1)