あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:父の撮った写真( 32 )

2016年8月6日

今日の朝日新聞の夕刊は1面と10面を見開きで<リオ五輪開幕>の華やかな記事と<広島原爆記念日>の記事が載っていました。
<難民選手のいない世界が理想>という見出しの記事もあります。
e0323465_21324452.jpg

ところで、私は1943年頃、父が撮った写真を改めて思い出しているのです。
その一枚は、防空壕の地鎮祭の写真です。恐らく町会の大きな防空壕のようです。
場所は新宿・角筈。現在の都庁からさほど遠くはないと思います。
もう一枚は、その防空壕の入り口です。入り口には日本の国旗が見えます。
今思えば、このような場所で安全な筈はありません。
まもなく、新宿にも爆撃は襲い、焼け野原と化しました。
そして、昭和20年8月広島、長崎に原爆が投下され、8月15日に終戦となりました。
e0323465_21332267.jpg

あれから、70年余りたちました。世界中で不穏な事柄が頻発しているなか、平和の祭典オリンピックが南米で初めてのリオ五輪開幕でした。
「人間は過ちを繰り返すものだ」と誰かが話していました。
繰り返さないためには、過去を検証して若い人たちに諦めずに伝えることなのかもしれません。
[PR]
by michinobe8 | 2016-08-06 21:41 | 父の撮った写真 | Comments(2)

戦前という時代のイメージ

これは父が撮った戦前(昭和10年頃)の写真です。
写っている女性は父の妹(私の叔母)で場所は麻布三河台町。
6×7サイズのモノクロフイルムで撮影したポジのまま袋に入っていたのです。
今年になって初めて暗室でプリントをして画像が浮かび上がってきた時には、一瞬驚き、やがて胸に詰まる思いとなって行きました。
服装が私の若い時に着ていたものと似ていたということもあり、戦前という時代が急に身近なものとして迫ってきたのです。
父の家族たちの、日々の普通の生活をもっと聞けば良かったとつくづく思います。
もはや亡くなってしまった叔母は、あの戦争を、大空襲を、この写真を撮った時に予想していたでしょうか?

8月15日の終戦の日に近くなり又、お盆休みになって亡くなった人達を思うこの時期、
未来の子供たちの為にも、改めて<不戦の誓い>を思わずにはいられません。
戦前の六本木
e0323465_21372390.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-08-11 21:20 | 父の撮った写真 | Comments(2)

戦前の東京風景

父が撮った写真の中で最近になってこのようなものもあったのかと気が付いた数枚がありました。
そのなかで、ネガサイズが6x9の写真の一枚です。
場所は東京の、お堀<皇居>のあたりだけしかわかりません。
父は明治生まれでしたから、この写真の事を聞くことが出来る知り合いが皆他界してしまい大変残念に思っています。
それにしても戦前(昭和10年代)の東京の風景、人、特に子供たちが、
画面から動き出すような心地がします。
お堀には鯉が泳いでいるのでしょうか?
下駄を履いている男性は清潔そう!
子供たちの姿はあの時代の本で見る挿絵のようです。
この後、太平洋戦争という暗い時代に突入するとは・・私は開戦の年に誕生したのです。
e0323465_10211387.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-06-27 10:22 | 父の撮った写真 | Comments(2)

子守のお話

NHKの朝ドラ<花子とアン>を観ています。小学生時代には「赤毛のアン」に夢中になりましたのでね。
花子は、「赤毛のアン」翻訳者の村岡花子さんのイメージですね。
ドラマの中で、主人公の女の子が子守をしながら、けなげに家の手助けをしています。
私は子役の女の子たちが皆、赤ちゃんを上手に<おんぶ>することに感心して見ているのです。
今ママさんになっている年頃の人でも、背中にに背負うのはやりにくそうですからね。
1950年父が塩原で撮った写真はとても元気な女の子です。
赤ちゃんをおんぶして、三輪車で男の子を遊ばせています。すごいですねぇ。

e0323465_2044195.jpg

1964年私が雪国で撮った写真ははお母さんが背中の子に何かを手渡しているのですが、
子供を背負うというのは、子供にとっても暖かくて安心感があったでしょうね。

e0323465_2044575.jpg

私は時々保育園のお散歩に出会うことがあります。
子供たちはまことに無邪気な顔つきで乳母車に乗っています。
時代が変わっても、子供たちは皆のびのびと育ってほしいですね。

e0323465_20472156.jpg

さくら、さくら
e0323465_20482856.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-04-04 20:50 | 父の撮った写真 | Comments(3)

戦後を知らない世代

これは1951年(昭和26年)高幡不動で父が撮った写真です。
写真の中ほどで白い装束でお辞儀をしている人は見たことが無いという人は昨今多くなったことでしょう。
傷痍軍人ですね。私が子供のころは人が多い所、電車の中でよく見かけました。
<戦争を知らない子供たち>という唄がありましたが、もはや<戦後を知らない世代>だと言った人がいます。
そうかもしれませんね。
今年成人式をあげた孫は、平成6年誕生なのですから。
<戦争を知らない><戦後を知らない>ということが、どんなに素晴らしいことなのか
せめて私たちの世代は話続けなくてはいけないのでしょうね。
1945年3月10日は東京大空襲の日でした。
e0323465_2235729.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-03-09 22:04 | 父の撮った写真 | Comments(3)

竹馬・・遊びの技

先日高校時代の友人3人に会う機会がありました。
大雪の後でしたし、それぞれの雪害の話になりました。
私は自分が小学校4年生(1950年)の時に東京に大雪が降った日の事を思い出していました。
それで、その時のことを皆が覚えているかしらと聞いてみたのです。
見事に覚えていましたよ。
私はそのころ池袋に住んでいましたが、五日市線の昭島に住んでいた友人の話には仰天しました!
「学校へ竹馬で行きました。40センチ位の雪の中を・・。校舎には窓から入ってね」と言ってからニッコリ。
あの頃の子供って塾もありませんでしたし、思い切り遊んでいましたね。
遊ぶ技も凄かったわけです。
竹馬 1950年
e0323465_10592927.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-02-24 11:00 | 父の撮った写真 | Comments(2)

雪遊び

今日は成人式、毎年この頃は雪の季節ですね。
雪と云えば1958年東京にも大雪が降りました。
私たち家族が引っ越しした武蔵小金井では坂道が多く
弟たちの恰好の遊び場になっていました。
板を<そり>に仕立てて,坂を滑り下りるのがとても楽しそうでした。
この写真を見ますと,撮影した父も一緒に笑っていたに違いないと思うのです。
1958年武蔵小金井
e0323465_17181066.jpg

1960年頃私は学生で、体育の単位で榛名湖でスケートを滑るという不思議な授業がありました。
それで、スケートを滑るということを覚えました。
1960年池袋にマンモススケート場が出来ました。
夏はマンモスプールで、覚えていらっしゃる方も多いことでしょう。
一度そのスケート場に行って撮ったのがこの写真です。
1993年この施設は閉鎖されて、今は清掃工場になっています。
池袋付近では白くて高い塔で有名ですね。
1964年池袋マンモススケート場
e0323465_17215796.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-01-13 17:24 | 父の撮った写真 | Comments(0)

松の内

1950年代、松の内はまだまだ街にはお正月の余韻が残っていたようにおもいます。
今ではコンビなどは元日から開いていますし、スーパーも早々とお店が開きます。
便利ではありますね<笑>
私の従姉はお正月には日本髪を結いました。とても綺麗で素敵でした。
日本舞踊はお名前を持っていたからでしょうか、子供の目から見ても立ち振る舞いが綺麗だったようにおもいます。
全く日本的な人という訳でもなく英文科の学生でもありましたから、散歩しながら英語の勉強を教えてくれたこともありました。

30代という若さでこの世を去ってしまいましたが、お正月になると懐かしく、華やかな日本髪の姿を思い浮かべるのです。
この写真は父が撮りましたので、楽しい気持ちだったのでしょうか、少しお茶目な表情ですね。
1953年 日本髪
e0323465_22475879.jpg


その頃、父が撮ったものでで珍しい姿の写真がが残っていました。
万歳師です。
さすがに私でも、お芝居の中以外でははっきりと眺めた記憶はありません。
1950年代 万歳
e0323465_2251988.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-01-08 22:52 | 父の撮った写真 | Comments(0)

初詣 昨今

私が学生時代、世の中は<岩戸景気>と言って元気のよい時代でした。
その最中にいた私は特別の認識もなく通常の日常を過ごしておりました。
けれども、今そのころ撮った初詣の写真は何となく可笑しいですね。
1960年頃撮ったこの初詣の写真は明治神宮です。
お賽銭が気になる光景ですね
1
e0323465_2134380.jpg

2005年のお正月は浅草寺に初詣に行きました。
バブル崩壊後の時ではありますけれど、浅草は賑わっておりました。
さすが庶民の町です。
2
e0323465_2143050.jpg

さて1955年私が中学生の頃ですが、父が撮った明治神宮の初詣の風景です。
懐かしい日本の初詣風景です。
3
e0323465_2153352.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2014-01-03 21:07 | 父の撮った写真 | Comments(2)

福笑い

あけましておめでとうございます。
<笑う門には福来たる>と申します。
1950年ころのお正月、私たち家族と従兄たちの記念写真は父がセルフタイマーで撮りました。
何が可笑しいのやら、皆の笑い声が聴こえてくるようです。

戦争が終わってやく5年。私たち子供にとって平和な日本でした。
2014年初春、このような写真は撮れるかしら?
福笑い
e0323465_23481696.jpg

[PR]
by michinobe8 | 2013-12-31 23:49 | 父の撮った写真 | Comments(2)