あの町 この道

michinobe8.exblog.jp
ブログトップ

飯能ぎんざ

飯能へ行ってみました。
秩父へ行くときに、乗り換えたり通り過ぎたりする駅です。
近年、西武線が横浜元町迄つながったおかげか??飯能も
通勤圏となったようで、沿線は住宅がびっしりと建っています。
飯能はどのような町なのでしょう?
e0323465_1813735.jpg

駅の西口を出て歩き、最初の四辻を左に曲がります。そこは<飯能ぎんざ>と言うのでした。
そして「木づかいの飯能銀座商店街」という木が建っています。
e0323465_1833290.jpg

私には一見、寂れたように見えましたが、恐らく少し以前は、かなり賑やかだったに違いないと思いました。お店が皆、存在感があるのです。
e0323465_185174.jpg

4
e0323465_187644.jpg

5
e0323465_1874321.jpg

6
e0323465_1883774.jpg

江戸は火事が多く、飯能から入間川を下って木材を運んだ時代があったという町だったのですね。
[PR]
by michinobe8 | 2017-06-17 18:10 | 2017年の写真 | Comments(2)
Commented by 永福町のカメラ好き at 2017-06-20 08:00 x
飯能の写真を見て、昔の記憶を辿っているのですが、どうにも思い出せなくモヤモヤしています。小学校の頃だと思うのだけれど、昔の写真はありませんか?
Commented by michinobe8 at 2017-06-20 23:00
私が持っている昔の写真は小学3年生の時の名栗川の遠足の写真です。昭和24年、つまり戦後4年ということなのです。私は名栗川のことしか覚えていません。飯能の駅で西武線(もしかしたら武蔵野線)を降りたのでしょうにね。駅のことさえ覚えていませんよ。